topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪人間ナノチカ。 - 2015.05.01 Fri

雨が降っていた。

世間の一般的な見た目からは,ショートと呼んでいいのかもしれないが,
後ろ髪が伸びきっている。

そうだ。髪を切りにいこう。

思い立って,予約もせずすぐ行っていいこの身軽さ。
少し待たされたって,何の問題もないのだ。
あの店なら。

10分後にはお店に到着。
雨粒をよけながら,
いや,確実に雨粒に打たれながら,小走りで店内へ。

雨のせいか,今日のお客さんは2人。

この前,雑な対応をしてくれた男性は見あたらず,
スタッフの女性が1人。

(今日はあのおじさんいないんだな・・・)

ちょっと残念だったが,今日はこの女性に運命をたくそう。
女性はどういう髪型にしたいのか,いろいろと質問してきた。

「適当にショートにしちゃってください」
と思うのだが,そんなこと言ってはいけない雰囲気だ。

雑誌でショートの人々の集団から,好きな髪型を探す。
急かされるので,
髪型よりも,半ばただのかわいい女性探しになってしまう。


そして今回も
素早くお安く,過剰なサービスも一切なし。


鏡に映った自分は,まるで“たぬき”だった。
3日したら,人間になれそうである。

そのためには,
3日間誰にも会わず,山ごもりが必要そうだ。


闇に隠れて生きる。
『妖怪タヌキ』から,

早く人間になりた~い。



ナノチカ
スポンサーサイト

トロッコ列車乗車つづき。 - 2015.04.14 Tue

IMG_0921_convert_20150513164955.jpg

IMG_0923_convert_20150513165016.jpg

IMG_0892_convert_20150513164728.jpg


変化に富んだ緑色と,肌寒い風と,陽の光と。

驚きや喜びを共感できる相方はそこにいなかったが,
この旅をきちんと伝えられるよう,自分が記憶していなければと思った。



同じ日,遠くに見えたあの雪山に登っていた北川さんより写真が届く。

image2_convert_20150513172935.jpg

image3_convert_20150513172953.jpg


まだまだ知らない世界がたくさんあるってことを,知る。



ナノチカ



トロッコ列車乗車。 - 2015.04.13 Mon

宇奈月温泉駅から,トロッコ列車の乗り場まで,
とにかく早歩きで向かった。
まずは当日乗車券を手に入れなければならない。

切符を求める人々の中にもぐりこんだ。

雪の影響もあり,全線は行けず2駅先までの往復となる。

ガイドブックでは,進行方向右側の席が良いとのことだった。
チケットを購入し、再び早歩きでホームへ向かう。

多くの人が既にトロッコに乗車していた。
進行方向に対して左側に,
その人々たちは押し込められていて,
遅く到着した私は,運良く右側の席に座ることができた。

IMG_0868_convert_20150513164351.jpg

IMG_0874_convert_20150513164410.jpg

IMG_0880_convert_20150513164434.jpg

IMG_0883_convert_20150513164459.jpg

IMG_0895_convert_20150513164751.jpg



ナノチカ

宇奈月温泉駅を目指して。 - 2015.04.12 Sun

むかしテレビでみた,黒部のトロッコ列車に乗ってみたくて。


7時44分。

普通列車からトロッコ列車に乗り換え,さらに北陸新幹線を捕まえるまでの,
ムダのない完璧な計画によると,

この時間が出発にはベストな時間だった。


IMG_0848_convert_20150513165225.jpg

IMG_0855_convert_20150513170044.jpg

改札を出てすぐホームのこの風景が,なんとも言えずよい。

IMG_0857_convert_20150513165245.jpg


ここから宇奈月温泉駅まで。

約40駅。1時間半の旅。


ナノチカ

白えび丼。 - 2015.04.11 Sat

富山ブラックで失敗した翌日,白えび丼屋へ。

IMG_0851_convert_20150513113751.jpg

えびを機械ではなく,手で剥いているんだって。

大きなえびは嫌いだが,小さなえびは好きなのだ。

運ばれて来たえびは,今から食べられることを察してか,
つぶらな瞳で悲しそうにこちらを見ていた。


この店では,カウンターのお兄さんの顔が見れた。
とっても甘くて,ほっとした。


ナノチカ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。