topimage

2013-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつぼっくりのこと。 - 2013.02.28 Thu

数年前,まだ開拓されていない
広い公園でまつぼっくりを何個か拾った。

とても大きかった。



それをポケットに押し込んで,
彼のバイクの後ろにまたがり,帰るとちゅう。

まつぼっくりたちは,いつの間にかポケットからどんどん転げ落ちて,
残ったのは2つだけ。

一番大きいのと,中ぐらいのやつ。



まつぼっくりは,
天気によって,かさが開いたり閉じたりするんだって。



お正月に帰省した際,
あのまつぼっくりのことをふと思い出して,
同級生に,
「あそこにさー,すごいまつぼっくりがたくさんあるんだよ。」


と,得意げに話して二人で行ってみた。


そこは,残念ながらきれいに開拓されて立派な公園になっていた。

大きな木々は伐採されて,全く面影がなかった。



先日,彼とぶらり旅をしている時,
ある道の駅で,

まつぼっくりが売られているのを見つけた。



「まつぼっくり買いたい。見に行こう。」


近づいて手にしてみると,
こぶりなやつが3個か4個入って,100円だった。



二人で顔を見合わせた。




我が家のまつぼっくりは,今も昔もあの時拾った2個だけ。

Photo4697_convert_20130309223203.jpg



ナノチカ。




スポンサーサイト

せいれーつ! - 2013.02.27 Wed

皆様,
かけ声通りきちんと整列ありがとうございます。

Photo4719_convert_20130309212843.jpg


ぶぶにゃん。

絵本棚。 - 2013.02.26 Tue

引っ越し祝いに,上谷さんから。

Photo4695_convert_20130309192717.jpg


誕生日に,北川さんから。

Photo4213_convert_20130309191940.jpg


ロシアのドームクニーギで。

Photo4696_convert_20130309192854.jpg


タイの紀伊国屋で。

Photo4688_convert_20130309192019.jpg


彼に贈ったものと同じ本を上海で。

Photo4689_convert_20130309192053.jpg


彼が買ってくれた大好きな本。

Photo4691_convert_20130309211110.jpg

Photo4690_convert_20130309192125.jpg


人生の転機。

Photo4693_convert_20130309192217.jpg


この何年分を,同じ本棚に飾って。



ナノチカ。

イヌにおびえる。 - 2013.02.25 Mon

いぬ。



というものが,若干怖くて,

Photo3911_convert_20130308231121.jpg


こういう場合は,十分に距離を取り,


急ぎでない場合は追い抜かない。


これぶぶにゃんの法則。




ぶぶにゃん。


数年後の真実。 - 2013.02.24 Sun

まだ車の免許もない学生の頃,

この地に引っ越してきた私は,
当時一人暮らしをしていた,
同じクラスの友人の実家に泊まりにいったことがある。


暑い夏の日だった。
彼女の母親が,いろんな名所に連れて行ってくれた。

どこをどう走って彼女の家に着いたのか,
そして母親が案内してくれた場所が,
一体地図上でどの辺りなのか,全く検討もつかないまま。

その時は,
そんなことなどどうでも良かった。
ただ,
夏の日の思い出は,今も確かに覚えている。



その後,
今度は県外にある私の実家へ彼女を連れて行くことに。


当時私の故郷は,今ほど有名ではなかったが,

どの友人もみんな,
「すごいね!」「きれいだね!!」と声を上げる場所でも,

彼女が何も言わなかったことを覚えている。


“どうしてこの良さが分からないのだろう?”
その頃の私は驕っていた。




先日,行く当てもないぶらり旅の途中で,
ある風景に出会った。

P1030317_convert_20130306230109.jpg


声が出なかった。


高い橋から下をのぞき込んだときのような感覚。
それが,下ではなく,奥へ奥へと続いている。


風はひどく冷たく,透明だった。

今にも吸い込まれそうな気持ちになり,身震いがした。


すごい!なんか,なんかすごいんだよ!!

うまく形容できる言葉が見つからない。




その場を後にして,
眩しい夕日に目を細めて進む帰り道。


数分走った頃か,


“あっ!”


一瞬で通り過ぎた場所を見て,私は小さな声を上げた。



車窓から見たものは・・・
確か。


もうだいぶ前に訪れたことのある,
どこか面影があって知っている,

あの友人の実家だった。



彼女は,この辺りに住んでたんだ・・・。



その時,分かったことがある。
気づくのに,何年かかってしまったことか。



こんな美しい場所を,彼女はずっと昔から知っていた。

そして,
これこそ,
あの時彼女が,私の故郷にちっとも驚かなかった理由。




ナノチカ。





マカロン完成。 - 2013.02.23 Sat

80個のマカロンが,ラッピングまで全て完成しました。

Photo4679_convert_20130304233523.jpg


あとは郵送するだけ。



ぶぶにゃん。

マカロン進捗状況。 - 2013.02.22 Fri

マカロン作りも,いよいよ終盤に入ってきました。

Photo4660_convert_20130302225922.jpg


ラッピング待ちの方を,
ぶぶにゃんのキッチンに少しずつ並べていきます。



ぶぶにゃん。

友人との再会。 - 2013.02.21 Thu

久々に友人に会う。

2人でブラブラと買い物などして,
帰り際,ラーメンのようなうどんのような,新商品を食べてみることに。


それは,直径30センチくらいの器で運ばれてきて,

Photo4664_convert_20130302225945.jpg

それを2人でフゥフゥ言いながら食べました。



ナノチカ。

とまんなっせ。 - 2013.02.20 Wed

Photo45・呻シ狙convert_20130228232208

「これって,『泊まっていきなさいね~。』ってことじゃないの?」

「いやいや,『止まりなさい。』でしょ」

「ああ,そっちー?」

「泊じゃなく,停止の方ね」



話しながら2人で坂を登っていくと,


今度は,かにじゃなくて,エビバージョンの「とまんなっせ」も発見した。



エビ・・・

ブブブミャー!!!



ぶぶにゃん。


ひなまつり。 - 2013.02.19 Tue

「ひな人形を早くなおさないと,お嫁にいけなくなるんだよ」


運転席の彼女が,笑って言う。


ほんとだね。
もう,こんな大人になっちゃった。

Photo4656_convert_20130228231043.jpg

ひな人形,なおし忘れたかね~(笑)



ナノチカ。

小春日和。 - 2013.02.18 Mon

P1030305_convert_20130227225957.jpg


そっと裏側から見つからないように近づいたのに,

もうそこにねこはいませんでした。




ぶぶにゃん。

ボルシチの味。 - 2013.02.17 Sun

初めて,マダムのお店でディナーをいただきました。


昼間とはまた違った雰囲気。
そこは,
食事と会話をゆっくり楽しむ方のための空間でした。



前菜,スープ,魚,肉,デザート。

一品ずつ丁寧に運ばれてきます。
今回特別に,
スープをボルシチに替えてもらいました。



小さなカップの中の赤いスープは,
大きな喜びの世界を運んできてくれます。

じっくり煮込まれた肉はほろほろ。
スープには野菜の味がぎゅっと詰まっていて,
サワークリームは欠かせません。



「いつもより大きなカップを選んだのよ」
と,笑いながらマダムは言ったけれど,

こんなカップなんかじゃ足りない,
何杯もおかわりしたいくらい美味しくて,

本当に,ロシアで食べたボルシチを思い出す味でした。



最後のデザートは,メレンゲでできたケーキ。

Photo4614_convert_20130226223505.jpg


今日のことをちゃんと自分の記憶として覚えておくため,
それに,
昼間のように,写真を撮るような雰囲気でもなかったのですが,
このデザートだけ一枚。


ナイフとフォークでいただきます。



キャンドルの明かりに話が弾んで,
夜はあっという間に更けていきました。




ナノチカ。



キッチン洗剤。 - 2013.02.16 Sat

新しい洗剤がやってきました。


Photo4620_convert_20130226223016.jpg


ぶぶにゃんのキッチンに並べます。

Photo4617_convert_20130226222957.jpg



ぶぶにゃん。

迷えるかんばん。 - 2013.02.15 Fri

Photo4589_convert_20130226000101.jpg


ぶぶにゃんは,果たしてどっちに入ればいいのでしょうか?



フムゥ・・・。それは秘密です。



ぶぶにゃん。

午後の散歩。 - 2013.02.14 Thu

祖母の家の近くにあった神社のことを思い出した。


Photo4579_convert_20130225234231.jpg



うっそうと生い茂る森みたいな神社の庭は,夏でもすごく涼しかった。


そこにはおじぞうさんと,子どもが遊ぶ砂場と,確か鉄棒があって。


蝉がミンミン鳴く中,

真奈美ちゃんと一緒にその神社にでかけてた。


Photo4578_convert_20130225234405.jpg

きっとあの頃は,
こんなのらねこに何回も会っていたのだろう。



ナノチカ。


マカロン作りは続く・・・。 - 2013.02.13 Wed

着々と増えていくマカロン。

Photo4616_convert_20130225230627.jpg


今月中には80個仕上げたいものです。



ぶぶにゃん。

マダムのお店へ。 - 2013.02.12 Tue

今日は,マダムのお店に行く日です。


陽のあたる窓際の席に通されます。


毎回違うメニューが出てくるのでおまかせ。
選ぶのはデザートだけ。


グリーンピースのスープ。

Photo4571_convert_20130220202948.jpg


チキンの包み焼き。

Photo4573_convert_20130220203009.jpg

ぱりぱりの生地に,さくっとナイフを入れると,

まるでアラジンのランプみたいに,
美味しいしその香りが立ちのぼります。


中にはほどよい量のチーズや,トマト・きのこも入っています。



いちごのムース。

Photo4578_convert_20130220203029.jpg

添えられているのは,蜂蜜とミルクのアイス。

すぐに溶けてしまうので,急いで食べます。
弾力のあるムースには,いちごのつぶつぶ感が残っています。




「このメニューは今日までで,明日からまた変わるんだよ。
 次はボルシチ。
 
 あ!!
 ボルシチよ!!」


「来週半ばまでやるから,また食べにおいで」


そういうとシェフは,ニカっと笑いました。



ナノチカ。

ケーキ作りの道具。 - 2013.02.11 Mon

Photo4008_convert_20130220204606.jpg

同じ道具をたくさん持っているのはいいと思う。

いや,いいと思うのだよ。


しかし,



ぶぶにゃんは,こまごまといろんな道具を持っているのだよ。
グフフ。

Photo4587_convert_20130220204626.jpg



ぶぶにゃん。

多肉植物のお世話。 - 2013.02.10 Sun

もう2年か,3年くらい前の話になりますが,

lamp.さんで琺瑯の器に入った多肉植物を購入しました。



ほとんど雨も降らない我が家の厳しい環境でも,
なぜかその植物は,
気づかないうちにじわじわと成長をとげ・・・。



今日は,
いつぞやの1回目に続き,
2回目の植え替えをしてみることに。



水をやるとき,心の中で植物に向かって言うことがあります。

「今日は,砂漠に大雨がふるぞー。」


植え替え直後と,
忘れたころ,時々水をあげます。



今や,大きな琺瑯に植え替え,
更に小さな芽も出てきて2鉢になりましたが,


相も変わらず,我が家は過酷な環境です。

Photo4535_convert_20130220202925.jpg

見て,この乾燥した大地を。


ぶぶにゃん。

今月の配達。 - 2013.02.09 Sat

冷蔵庫の中に入っていたのはまっくろなケーキ。

だから配達する分も,茶色いケーキばっかりです。

Photo4520_convert_20130217222730.jpg

chichigashiyaさんへ配達します。



ぶぶにゃん。

マカロン教室。 - 2013.02.08 Fri

今月のマカロン教室。


予想していたものとは違い,
その作品,仕上がりはシンプルでした。

Photo4501_convert_20130214190249.jpg


シンプルゆえの良さと,
原点を再度教えてくれるきれいな作品だなと感じました。



ラッピング話や,仕事の話などもすっごく楽しかった!!



ナノチカ。


お気に入り。 - 2013.02.07 Thu

お気に入りは,バナナがのったチョコロールケーキで,


かわいいのは,チェリーがのったプリン。


IMG_20130212_160031_convert_20130214204420.jpg

だと,
いろはちゃんが教えてくれた。



こんなかたちになるなんて,
フェルトを始めた時は考えてもみなかったが,


あれから10年。


ずっと作り続けてきてよかったなと,心から思う。

IMG_20130101_150149_convert_20130214204439.jpg



ナノチカ。

今日の冷蔵庫。 - 2013.02.06 Wed

最近,ビター味を作りすぎて冷蔵庫の中がまっくろです。

Photo4494_convert_20130214190226.jpg


ぶぶにゃん。

いちごムース。 - 2013.02.05 Tue

定番のいちごムース。

通常は,クリームをはさんでいるのだけど,
今回初めていちごクリームをはさんでみました。

Photo4491_convert_20130213222307.jpg


ぶぶにゃん。

マカロン型抜き。 - 2013.02.04 Mon

いよいよ本格的にマカロン作りが始まりました。

今回は,560枚の型を抜きます。

Photo4492_convert_20130213222328.jpg

まだまだまだまだ。
どんどんどんどん,抜きます。



ぶぶにゃん。

午後の楽しみ。 - 2013.02.03 Sun

まるで友人宅に呼ばれたような,ほっと一息つけるカフェへ。

Photo4468_convert_20130212233749.jpg


ウェイトレスはお母さん。


真っ黒な味噌汁は,ごま味で,
揚げ物のソースはカレー味。

残さず全部食べます。

Photo4471_convert_20130212233810.jpg


お友達との会話も弾み,時間が経つのを忘れる午後でした。



ナノチカ。

フェルト教室。 - 2013.02.02 Sat

今月のテーマは・・・ピンク!?いちご!?

Photo4486_convert_20130211235339.jpg


どれが本物のケーキでしょうか?

Photo4489_convert_20130211235456.jpg


違和感なくとけ込んでます。


トッピングは自由に。
個性のある素敵なケーキが,また一つ出来上がりました。


Photo4488_convert_20130211235401.jpg


ぶぶにゃん。


羊毛ドーナツのゆくえ。 - 2013.02.01 Fri

だいぶ前に作っていたドーナツを使って,
何か作ろうと考えながら,

だいぶ長い時間が経ちました・・・。


Photo4464_convert_20130211235311.jpg


ぶぶにゃん。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。