topimage

2013-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブタネコ水質調査隊。 - 2013.04.30 Tue

どんなどぶ川でも,
川を見ると必ずのぞき込んでみる。


ふむぅ~。

ここは汚い。
もう汚いをすっかり通り越している。
それなのに,大きな魚が住んでいるようだ。

あれ,ここは意外にも澄んでいるな。


ぶぶにゃんは,
水質を観察する仕事がすきだった。

蟾昴・荳ュ_convert_20130507230238

Photo0864_convert_20130507230311.jpg

縺九o・胆convert_20130507223928

P1010653_convert_20130507230205.jpg


ぶぶにゃんの住んでいた森には,

美しい川がたくさんあった。



ぶぶにゃん


スポンサーサイト

特別な糸。 - 2013.04.29 Mon

本当は,ミシンでさっと縫うときれいらしいが,

ミシンをもっていないので,専ら手縫い。



ライ麦ぱんを作る時にしか使わない糸は,

絡まりやすいので,

一針刺しては裏を確認,
一針刺しては裏を確認,の繰り返し。


でも,この少しずつ仕上げていく行程が楽しく,

Photo5109_convert_20130504204459.jpg


たとえミシンを持っていても,手縫いを選ぶだろう。



ぶぶにゃん



「小さな穴」との闘い。 - 2013.04.28 Sun

「小さい穴」があると,くぐってみなければ気がすまない性分なのか。



それに気づいたのは,
もうだいぶ昔に訪れたことのある奈良の大仏にて。


女子高生の修学旅行にくっついて,ガイドの話を無料で聞く,
という姑息な手段を使いながら,
順路通りに進んでいくと,

確か,
大仏の裏の方(?)だったか,

柱の下の部分がくりぬかれた,小さな穴があって,
そこに長蛇の列ができていた。


その穴をくぐるといいことがあるのか,
どういうことなのか,

分からなかったが,試しに並んでみる。


その選択をしたゆえに,女子高生の集団とはそこでお別れ。

柱の穴くぐり隊の列は,
園児,園児,園児,私,園児,園児・・・の順であった。


前者は,その穴をすぃーっといとも簡単にくぐり,
さほど待つことなく,私の番になった。


思い切って飛び込んだのはいいものの,
穴の中で体がつっかえて,
ごにょごにょしながら,

ウ~ン,ウ~ン。
少々時間をいただき,
最後は,スポンと穴をくぐり終えた。


おぉ~抜けた!抜けたよ~!!

顔を上げた時に見えたのは,
園児の親達の白い目。




あれから,「小さい穴」をくぐる機会はなかったし,
穴に挑んでは来なかったが・・・。


忘れかけていた,
穴くぐりの性分が呼び起こされる時がやってきた。


それは,
当てのないぶらり旅の途中で立ち寄った小さな神社にて。


今日は何が行われているのかしら?


囃子の音に誘われ,ワクワクして近づいてみたものの,
取り立ててイベント的なものはなく,

みんな思い思いに,その神社の中をぶらぶらしているだけだった。



なぁんだ。何もないのか。



帰ろうとしたとき,ふと目に入ってきた看板に,
「小さな鳥居」の案内があった。


もうだいぶ前のものなのであろう,
陽に焼けて色褪せてしまった新聞記事がいくつも張り出されていて,

おじいさんやおばあさん達が,
笑いながら,そのミニ鳥居をくぐったり,
つっかえている様子が記されていた。



・・・

そうだ。これは,くぐねばなるまい。


使命感に燃え,辺りを見渡し歩き回ってみたものの,
鳥居はどこにもない。


一体みんなどこでくぐっているんだ?


諦めかけた時,鳥居は見つかった。



最初からすぐそこにあったのに,
あまりに普通の沿道過ぎて,
あまりに小さすぎて,見落としていた。

Photo4565_convert_20130502193130.jpg


大きい方の鳥居は,すっとくぐれたので,
小さい方に挑戦。


だぁれもくぐる人なんていないから,
周りの目を気にすることもなく,


ゆっくり靴を脱いで,
では失礼いたします。



小さい方は,ちょうど私の肩幅くらいの大きさだった。


また,ごにょごにょする羽目になってしまったが,

(大人のくせに何やってんだ。)
(急げよ。)


という白い目も浴びることなく,



ふぃ~。
無事にくぐり終えた。




「なんか,サダコみたいだったよ」

「エッ?あ,そう~?」



しかし何だろうね,あの穴くぐりの後の,
どうしたらいいか分からない,
まさに立ち上がった後など,
一体どんな顔をしたらいいか分からない,フクザツな感じは。



まぁまた,「小さな穴」にでくわしたら勝負を挑まねばなるまい。

つづく。



ナノチカ








小さなぼうし。 - 2013.04.27 Sat

黒い丸と,黒い筒。

Photo5092_convert_20130502181031.jpg


くっつけて,

Photo5093_convert_20130502181057.jpg


シルクハット。


そうここまではいいんです。
難しいのは次の行程。



ぶぶにゃん

カシスケーキ。 - 2013.04.26 Fri

先日作っていた土台の続き・・・。


Photo5100_convert_20130502181116.jpg


ぶぶにゃん

ケーキの配達。 - 2013.04.25 Thu

今日はchichigashiyaさんへ,ケーキの配達に行きました。


今月は,新しく作ったクッキー型のマグネットを多めに。

Photo5071_convert_20130429231032.jpg


帰り際,
ショーケースに並んでいた,限定商品の「いちごもち」を購入。

Photo5073_convert_20130429231553.jpg

Photo5074_convert_20130429231050.jpg

のびーるもちもち生地の中に,
丸ごといちごとか,カスタードとか,クリームとか,
たっぷり入っていました。


来月も楽しみ。。。



ぶぶにゃん

ケーキスタンド。 - 2013.04.24 Wed

今日は,お友達の齋藤さんに会いました。


前日よりメールで,
プレゼントがあるとのことでしたが・・・。


齋藤さんが大きな紙袋から出して手渡してくれたのは,



“バードケージケーキスタンド”


鳥かごの形をした,真っ白な紙製のものでした。



誕生日でもないのに,
こんなサプライズプレゼントが本当に嬉しくて,かわいくて,


その後すぐに組み立てました。

Photo5063_convert_20130429230953.jpg

Photo5062_convert_20130429231011.jpg


ケーキを並べたり,写真に撮ったり,

お腹がすいているのも忘れて,
夢中になってしまいました。



齋藤さん,素敵なプレゼントをありがとう。




ナノチカ




ピンク色のケーキ作り。 - 2013.04.23 Tue

あてもなく,突然作り始める。


Photo5052_convert_20130426215249.jpg



ぶぶにゃん

和菓子と遊ぶ。 - 2013.04.22 Mon

和菓子を




・・・焼く。



なんて破天荒な遊び,

子どもか,ぶぶにゃんにしかできまい。


Photo5043_convert_20130425231504.jpg

ジュージュージュー。


ぶぶにゃん

水餃子にまつわるエトセトラ。 - 2013.04.21 Sun

大好きな水餃子をゆでている時,ふと思う。



中国にいる頃,ほぼ毎日水餃子を食べていたことを。


他に食べたいものがなくて,
飽きもせず,数ヶ月間水餃子を食べ続けた。



食堂には,
まるで屋台みたいに何軒もの店が軒を連ね,

その中でも水餃子をメインにやっているお店は,数軒あった。



ガラス越しに,
働いている人が,ひたすら餃子を包んでいる様子を見ることができる。
素早く正確に。その職人技を見るのもまた好きだった。


お店の外には給食当番のような格好に,白いゴム長靴を履いた人が
注文をとったり,客引きをするためいつも立っていたものだが,


私はいつも,
ショートカットでニコニコしている子がいるお店に通っていた。


「その子」とは,

今でも思うが・・・



少年だったのか,少女だったのか,性別が分からないのである。


ショートにした女の子だったのか,
普通の男の子だったのか,
声からも全く判別できず,


・・・ただ,本当に愛想がよかった。



餃子ができあがると,
受け取り口近くに置いてある酢醤油をお好みでかけて,テーブルにつく。


いつもその子は,私が何もいわないのに
スプーン1杯分の酢醤油を勝手にかけて,

「これでいいか?」
といわんばかりの顔で笑っていた。


その汚い器に入っていた酢醤油と,
無造作につっこまれていたスプーンの衛生的管理が
どうなっていたのかは,

大変疑問だが,


そんなことは,
今,日本にいるから冷静に考えられることで,


中国でそれを気にすると,全てを気にしないといけなくなっちゃうのである。


-----------


ゆであがった大好きな水餃子を,
きれいに洗った器に取り上げる時,ふと思う。


「あの子の名前,何だったっけ?」



そして,
水餃子を口に入れるとき,思う。


あの得体のしれない酢醤油があったら,
もっとおいしいんじゃないかって。



あんなに食べ続けた北京での日課なのに
今は,どんな味だったか思い出せない。


ただ,


あの子の笑顔と,
酢醤油の味と,
ゆでたての水餃子のぷりっぷり感,


「ねぇあの子さ,男だと思う?女だと思う?」
「今度,聞いてみなよ」
「えー,どっちが聞く?」
「そっち」


あの会話。

Photo5032_convert_20130423193621.jpg

安くて小汚い食堂は,
最高のレストランだった。



ナノチカ

今月のマダムのお店。 - 2013.04.20 Sat

今月もマダムのお店へ行きます。



今日は,先月の教訓を生かし,
はりきって早々と出かけたので,お店に一番のり。

いつもと違う席を選びました。



今日のメインは,

「県産の豚の・・・」です。

Photo5006_convert_20130423202005.jpg


そしてデザートは3種の中から「フォンダンショコラ」を注文。


デザートは,毎回新しいものが出てきて,
「まだまだ攻略できなーい」という私に,


「だって,今日から出すんだもん。それはね。」
と笑って答えるマダム。



運ばれてきたのがこちら。

Photo5009_convert_20130423202024.jpg

「フォンダンショコラ」=とろとろのチョコレートがでてくるやつ。

と勝手に思っていたのですが,

マダムのお店では,若干間違いで,


チョコに加え,なんと抹茶が出てきました~。

Photo5010_convert_20130423202044.jpg
(食べかけ画像ですみません)


いや,私も表面についていた緑色がちょっとは気になっていたんです!
いたんですが,


まさかの展開でした。



ナノチカ


シロツメクサと中年男性。 - 2013.04.19 Fri

スーパーの駐車場に,
シロツメクサがたくさん咲いているのを見つけて,
思わず釘付けになった。

Photo5029_convert_20130423201924.jpg

ホゥ~。

Photo5028_convert_20130423201940.jpg

群れだ~群れだ~。結構咲いてるぞ~。


こういう時きっと女子だったら,


「こどもの頃,これでかんむりを作ったのを思い出しちゃいました」

とかいう文章展開になったりするのだろうけど,


男子な私としては,
あー・・・そういうの作ったことないな。



じゃあ,どうして,
何の目的で今この写真を撮っているんだい?
そういうブログを書きたかったからじゃないのかね?


と自問自答して我に返り,

ふと顔を上げると,


スーツ姿の中年男性と目があった。


ウ?この人はどっから現れたんだ?
すると,彼はこっちを見て,ニターと笑っていた。



これはっ!
しゃがんだとき,ワンピースからパンツでも見えていたのでは?
(ご存じの方は数名の「佐川急便まーくん事件」が過去にあったので,この仮定は「念のため」笑
 あ,当時はまだ若かった!ことを忘れてた)

いや,
女子高生ならともかく・・・
こんなおばさんじゃ。

違うな。


じゃあ何あのニターは??



だめだ。
全く答えがでてこない。

ギャオー。
走ってその場から立ち去った。


走りながら,
このめまぐるしい妄想劇場は,なんてどうでもいいことなんだ?・・・
世の中の女子は,こんな自意識過剰な人ばかりではありません。


と思った,おかしな午後。



ナノチカ

fontaineのローランスさん。 - 2013.04.18 Thu

「昔ながらのケーキ屋さん」をイメージさせるような,

こじんまりしていて,なんだかほっとするような。

日常の他愛もない話をしているお客さん達を想像できるような。


ケーキは甘すぎず,シンプル。
週に2日はパンも販売中。
フランス料理の教室も定期的にされていて,

知る人ぞ知るケーキ屋「fontaine」さんにて,
フェルトケーキを取り扱っていただけることになりました。

Photo5027_convert_20130423201908.jpg


ちょっと重たい扉を開けると,
フランス人の奥様,ローランスさんがとても上手な日本語で
迎えてくださいます。


納品後店を後にする私の背中に向かって,

「ウルノ,ガンバリマァス」

という声に,


思わずぐっときちゃいました。

ありがとうございます。



『fontaine(フォンテーヌ)』
熊本市中央区水前寺2-2-24
096-384-5116
水曜定休

おばあさんの言葉。 - 2013.04.17 Wed

「古い町並みが,風情あってすごくいいですね。」


観光案内所のおばあさんに声をかけると,


「この町に嫁いで25年。
 よくいろんな人たちにそういわれるけど,
 
 あたしたちにとっては,普通の寂れた風景になってしまったよ。」


Photo4593_convert_20130421222308.jpg


目的地に選んだわけではないのだが,海の見えるこの場所でひとやすみ。


そんな時,ふと地図を広げてこの坂の名前を知る。



海へと続く一本道。

今立っている場所を連想させる,いい名前だった。




ナノチカ

新型ぶぶにゃん。 - 2013.04.16 Tue

いつもお世話になっている,bookmarkのスタッフさんより。


「商品紹介のカードを作って,飾ってみたんです」


「えー,ありがとうございます!!見てもいいですか?」


「はいどうぞ」



商品が置かれているいつもの場所に行ってみると・・・。


思わず一言。


「おーっ!やさしーーい!!!
 うまーーーい!!!」

Photo4999_convert_20130420171332.jpg


とがった顔のぶぶにゃんが,こんな優しい顔になっていました。


描いていただき,ありがとうございます。




ナノチカ

新型ぱん。 - 2013.04.15 Mon

白パンと,メロンパンが仲間入り。


Photo4997_convert_20130420171313.jpg


ぶぶにゃん

上海風やきそば。 - 2013.04.14 Sun

久々に井内シェフのお店に行きます。


シェフは休みだったので会えなかったのが残念。



今日のメニューから,
エビチリ丼か,上海風焼きそばにするか悩んで,


「本場上海の味を再現」と「デザート付き」
の文句に誘われ,

焼きそばを選択。


しばらくすると,どーんと一皿運ばれてきました。

Photo5014_convert_20130417211102.jpg


2玉くらい使われていそうな麺の量。



中国の,屋台とか売店にあるような,
ちょっと小汚い感じとは違って,
なんだかとても,上品なお味でした。



ナノチカ

ミニケーキその後。 - 2013.04.13 Sat

ミニケーキの土台に,いちごとクリームをのせていきます。

Photo5026_convert_20130417211138.jpg


カードを挟むスペースをあけておきます。

Photo5027_convert_20130417211157.jpg



ぶぶにゃん

ラスクというもの。 - 2013.04.12 Fri

「まぁここにかけなさい。

僕はね,ラスクっていうのが大好きなんだけどね。


ラスクっていうのはさ,なんか残り物で作るっていう感じの,

ほら,

残ったから作りました~って感じの,

ざっとした,味気ないとこがいいんだよね。



でも,これは違うんだよ!」

Photo4960_convert_20130414214806.jpg


「おいしいんだけど,
もう僕が思っているのとは,別物なんだよ!!」




・・・ほんとに,

おっしゃるとおりのお味でございました。




ナノチカ。

ミニホールケーキ。 - 2013.04.11 Thu

いつもより少し小さめの,ホールケーキ作りにとりかかります。

Photo4995_convert_20130414214749.jpg


ぶぶにゃん

ラッピングまちの方々。 - 2013.04.10 Wed

さぁさぁ,
次のクッキーたちもみんな袋に入れますので,お並びください。

Photo5001_convert_20130414214715.jpg

Photo5003_convert_20130414214732.jpg



ぶぶにゃん

フルーツタルト。 - 2013.04.09 Tue

フルーツケーキとセットでできあがるのは・・・

Photo4954_convert_20130412212142.jpg



ぶぶにゃん

まるクッキーその後。 - 2013.04.08 Mon

以前から作っていたクッキーを,今日はラッピングします。


こーんなにたくさん。

Photo4971_convert_20130411203640.jpg

Photo4967_convert_20130411203727.jpg


ぶぶにゃんのキッチンに,きれいに並べました。

Photo4981_convert_20130412201123.jpg


ぶぶにゃん

ロールクッキー。 - 2013.04.07 Sun

巻いて巻いて,巻いたらできます。


Photo4964_convert_20130411203608.jpg


ぶぶにゃん

まる。 - 2013.04.06 Sat

どの色すきなの?



Photo4958_convert_20130409220750.jpg


6クッキー6色~。


ブブブーにゃ!!




ぶぶにゃん。

しかく。 - 2013.04.05 Fri

こうしてみると,


チーズ?のような,


バームクーヘンを1枚ずつはがしたような。。。


Photo4959_convert_20130409220727.jpg



ぶぶにゃん

久々のフルーツケーキ。 - 2013.04.04 Thu

久々に作ったフルーツケーキ。


Photo4920_convert_20130407191118.jpg


ぶぶにゃん

クッキー活用法。 - 2013.04.03 Wed

新型クッキーを現在開発ちゅう。


Photo4921_convert_20130407190642.jpg


いい活用法を思いつきました。


ブブ。




ぶぶにゃん。

チーズケーキ。 - 2013.04.02 Tue

ホゥ。

Photo4930_convert_20130403165029.jpg

運ばれてきたチーズケーキを見て思う。



こんなに切れる包丁を,ぶぶにゃんも一つほしいな。



ぶぶにゃん

夜桜に会った日のこと。 - 2013.04.01 Mon

これまで一度も行ったことのない初めての場所に,
桜を見に行った。


“夜桜を見に行くんだよ”


伝えた相手にも写真を見せたくて,
たくさん写真を撮ったのに,



こんな奇跡がおこっていいものか,

撮ったもの,一枚残らず全部ボワボワ。


Photo4921_convert_20130401225811.jpg



大きな公園に,桜の木は一本だけぽつりとあって,

近くからでは,

その大きさも美しさも写真におさめることはできない。



桜の木の周りは展望デッキで囲まれていて,

その下を歩くと,

ふいに花の匂いがした。


桜の花ってこんな匂いしたの?



冬みたいに寒いのに,

人,人,人で,

夏の日のお祭りみたいだった。





もうずっと前に見た,縄文杉のことを思った。


今みたいに花の季節じゃなくても,
夏も,秋も,冬も,


縄文杉と同じように,

この桜の木が一人ぼっちじゃないことを,


いのった。




ナノチカ。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。