topimage

2013-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若草色の復活。 - 2013.08.19 Mon

おしりがいたいという若草色に乗って,今日は病院へ出かけた。

先生は多忙なので,急患を受け付けるには順番待ちが必要だった。



先生のいる場所までは,とても遠くて,

夕方の渋滞の中をたくさんの車に混じって,若草色はそろそろと進んだ。


「結構遠いけど,目的地までがんばって行こう」
ぶぶにゃんは若草色を励ました。


今おしりがいたいので,あんまり早く走れないんです。


それを言葉にして他の車たちに伝えることができないので,
若草色はたくさんの車に追い越されていった。




先生が待ち合わせに指定した場所に到着し,しばらくすると先生がやってきた。

中身の違う3つのカバンを持って立っていた。


「どれどれ?」
「ここなんです。」
「あぁ~。」

ぶぶにゃんが説明すると,先生は早速治療に入った。

Photo5716_convert_20130828004834.jpg


心配していた若草色のおしりは切開されることなく,
そしてこれ以上傷が裂けるのを防ぐために,2本のボルトで補強された。


ボルトを入れるための穴をからだに開けるとき,
若草色は悲鳴を上げていたが,これでもう,とりあえずの治療は完了した。


「また時間があるときに来なさい。」


完治を目指して,今度は違う治療法を試すと先生が言った。



「ありがとう。」
ぶぶにゃんがそう言うと,

「お礼とかそういうの慣れてないから,恥ずかしいんだよ。」
と,先生は不思議なことを言っていた。




帰り道は,とても身軽で快調で。
他の車たちとおんなじリズムでスイスイスイ。


若草色が楽しそうだから,ぶぶにゃんも嬉しかった。

「また明日から一緒に走れるね」
このまま,信号がぜーんぶ青ならいいのになぁ。と思った。



大事な若草色を治してくれて,先生にはとっても感謝しています。
ありがとう。


ぶぶにゃん

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。