topimage

2013-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お昼ご飯再び。 - 2013.09.30 Mon

ご飯もお味噌汁もおかわり自由。

Photo5801_convert_20131001225039.jpg

だけど,


おかずの皿が手のひらサイズの,


しょうが焼きでございました。



ぶぶにゃん
スポンサーサイト

お昼ご飯。 - 2013.09.29 Sun

ぽりっ,ぽりっ,ぽりっ。

Photo5712_convert_20130930220618.jpg

と,

音のする,チキン南蛮でございました。



ぶぶにゃん

モンブラン。 - 2013.09.28 Sat

秋なので,モンブラン作り。

Photo5810_convert_20130929171332.jpg

Photo5824_convert_20130929173717.jpg


ぶぶにゃん

お誕生日。 - 2013.09.27 Fri

知り合ってもう10年になりました。

Photo5829_convert_20130930223903.jpg


「しろくまですか?」

「くろくまの方です。色を塗った方がわかりやすかったですか?」


「・・・」



来年までに,もう少し絵の腕を磨いておきます。



ぶぶにゃん

消えたポスト。 - 2013.09.26 Thu

昨夜家に戻ると,

いつも外に置いている,かごポストがなくなっていた。


後に残された形跡から,

誰が持って行ったのかは,何となく想像がついたのだが,



戻ってくるかもしれないので,しばらく待ってみよう。


Photo5809_convert_20130929105922.jpg


ぶぶにゃん

牛のはなし。 - 2013.09.25 Wed

若草色に乗って,秋の日差しの中を走っていると,

大きなトラックが横を通り過ぎて行った。


「あれ?今の牛だー!!!」
ぶぶにゃんが言う。


「あのトラックを追いかけてみよう」


意気込んだのもつかの間,
すぐに赤信号でそのトラックを捕まえることができた。


背後からそろそろと近づき,トラック隣りの車線に入り込む。

Photo5805_convert_20130928000024.jpg


「もうちょっと近づいてみてよ」
ぶぶにゃんが言う。


ゆっくりと若草色を走らせ,顔をあげるとそこに2頭の牛が見えた。


「おー!牛だ牛」

窓をあけてしばし様子を観察。


2頭の牛は,まるで一緒にしゃべっているかのように,
交互にモゥモゥいって鳴いていた。

よくよく見ると,もぐもぐやっている口が白かった。



「窓しめて」
それを見たぶぶにゃんが慌てて言う。


何かが飛んできそうだった。



ブィーン。
窓を閉めて,若草色といちもくさんに逃げる。


--------------------------


今日の帰り道,
この前見つけた芙蓉の木が,
根元から全部切られて,きれいになくなっていた。


この地に引っ越して,何年もあの花の存在を知らなかったのは,

あそこまで大きくなるのに,
時間がかかっていたからなのかもしれない。



次に,あの場所で芙蓉の花を見れるのは,
何年後だろう。



ナノチカ

クッキーマグネット。 - 2013.09.24 Tue

従来のマグネットを,新型タイプに作り替えてみました。

Photo5788_convert_20130927100600.jpg

Photo5793_convert_20130927100539.jpg


ぶぶにゃん

マダムのお店。 - 2013.09.23 Mon

いつもより少し遅めに家を出て,マダムのお店に行きます。


今日は一番乗りではなかったのですが,窓際はすでにもう満席。


ぶぶにゃんは,いつもの指定席に座ります。

Photo5782_convert_20130925230618.jpg


今日は,初めてお魚コースを注文してみました。

Photo5783_convert_20130925230643.jpg

Photo5786_convert_20130925230703.jpg

メインがやってくる前に,店内は満席に。

Photo5787_convert_20130925230726.jpg

目の前の2人がけの席に,「予約席」の赤い札が置かれていて,
どんなカップルがやってくるのだろう。。。


と思っていたら,

“ウォーリーを探せ”のウォーリーを,3.5倍くらいにした
ボーダー服の男性が1人やってきました。

ぶぶにゃんに背を向けていましたが,
ポークを注文する声が聞こえました。

Photo5791_convert_20130925230745.jpg

今日のデザートは,
そば粉のムース(もっとこじゃれた名前がついてました)と,
岩塩を使ったアイス。
初めて食べる味でした。



お店の雰囲気やおいしい料理に誘われて行く,

のはもちろんのこと,


自分自身がこの店の雰囲気を作る一員となり,
おいしい料理をいただきたい,

という気持ちになるのが,マダムのお店。


今日,1人で店内のいろんなお客さんを観察して,
初めて
そう思いました。

Photo5780_convert_20130926222014.jpg


ぶぶにゃん

かぼちゃロール。 - 2013.09.22 Sun

久々に作ったロールケーキ。

Photo5775_convert_20130925201308.jpg


ぶぶにゃん

真夜中の惨事。 - 2013.09.21 Sat

ぶぶにゃんがお風呂に入っている時のことだった。



突然,

ピーピーと音が鳴り始め,お湯が止まった。

その水にビクっとなった。


「ヒャアー!!!
 水ー。さむいー。さむいよ~~~。」


ぶぶにゃんの願いも悲しく,その後お湯は一滴もでなかった。

お風呂場のテレビの音が大きく,その時は聞こえなかったが,


水風呂を出ると,


部屋の中にも,ピー,ピーという音が響いていた。



ぶぶにゃんは,

ハッと我に返った。


(警報がなる=誰かが来る?)

いや,今そうなっては困る。


ぶるっと毛皮の水を落とすと,ぶぶにゃんはすぐに服を着た。



いつもは大して気にもしていない警報機のランプが赤く点灯し,
そこから音は出ていた。



ぶぶにゃんは急いで,

ナノチカが使っているインターネットで,

警報機に書かれていた「アロッチ」というよく分からぬ単語を打ち込んでみた。


すると,
警報機の音をとめる方法が載っていた。

【ガスメーターの横にあるボタンを押せ】と書いてある。


ぶぶにゃんは走って家の外に行き,
暗闇の中でそのボタンとやらを押し,家まで走って帰った。



ふむ。

よかった。音は鳴り止んでいた。



次の日,
よくよく警報機を見てみた。

Photo5761_convert_20130925184855.jpg


あれ?「アロッチ」じゃない。
「アロッ子」と書いてある。



この際どっちも意味が分からないから,もうどっちでもいいや。


昨日が真冬じゃなくてよかった。
ブミャ。



ぶぶにゃん

ぶたねこ印袋。 - 2013.09.20 Fri

今日は少し空き時間があったので,

いろいろなサイズの袋に,ぶぶにゃんスタンプを押しました。

Photo5750_convert_20130925184232.jpg


ぶぶにゃん

お月見ライブ。 - 2013.09.19 Thu

和菓子やさん主催のお月見ライブに出かけた。


通常は駐車場として使われている場所で,

20人くらいの人と一緒に,アコースティックライブを聴く。


お菓子とお団子付き。

Photo5755_convert_20130924231859.jpg


風が心地よく,
歌っているアーティストの向こう側に,

時々静かに通る新幹線の明かりが,銀河鉄道みたいに見えて
きれいだった。


月はアーティストとは真反対に,白く輝いていた。


風が,ふいに誰かの香水の匂いを運んできた。




アーティストが歌っていない隙に,振り返って月を確認する。

今日は,うさぎが餅をつく姿は見えなかったのだけど,

うさぎは毎日月で餅をつく仕事をして忙しいのだと,


後でナノチカが教えてくれた。




「丸い月じゃなくて,細い月の日でも?」


・・・ナノチカはもう答えなかった。




ぶぶにゃん


クレープ。 - 2013.09.18 Wed

あつーい夏はまだまだ続く。


P1010679-1_convert_20130924231609.jpg


ぶぶにゃん

石橋再び。 - 2013.09.17 Tue

秋から冬の短い期間には,

もっと幻想的な顔をみせてくれる場所なんだって。


Photo4605_convert_20130924214953.jpg

Photo4600_convert_20130924215017.jpg



ぶぶにゃん

フェルト教室。 - 2013.09.16 Mon

10月予定のフェルト教室を一足お先に開催。

いちごタルトを作ります。

Photo5778_convert_20130923223747.jpg

Photo5779_convert_20130923223808.jpg

Photo5781_convert_20130923223843.jpg

Photo5783_convert_20130923223906.jpg

Photo5784_convert_20130923223931.jpg


大好きなチョコレートがけも伝授。


おいしそうにできました~。



ぶぶにゃん

ピンク色の衣替え。 - 2013.09.15 Sun

夕方,
若草色の車内から見つけた,ピンク色の小さなかたまり。

この木の花なのか,
もうすっかりしぼんでしまって,くしゃくしゃだ。


翌朝,
同じ場所で,今度はまっしろに咲いた花を見た。




小学1年の頃,
スクールバスの待合所に行く途中に,これと同じ花が咲いていて,


花の部分だけをちぎり,バスに乗って,

担任の兵藤先生にあげたことがあった。


先生はすごく喜んで,

「ありがとう,この花が一番好きなのよ」と言った。



その花は,小さな瓶の中に挿されるのだが,
すぐに枯れてしまって・・・


いや,その花がいつ枯れて,どうなっていたかよく覚えていない。


でも次の日も,同じ花を一つだけ摘んでバスに乗っていた。



--------------------------

ここに引っ越してきてもう何年も経つのに,
今まで,この花がここにあったことに,全く気づかなかった。

Photo5774_convert_20130923202812.jpg


この花が朝は白くて,もしかして夕方になるとピンクになるんだ?
ってことも,今日知った。



芙蓉の花が大好きだった兵藤先生は,
大人だったから,そのこと知っていたよね?


ナノチカ

ぶたねこからのお知らせ。 - 2013.09.14 Sat

Photo5776_convert_20130923202749.jpg

東急ハンズさんでの販売が終了しました。

期間中見ていただいたみなさま,ありがとうございました。



ぶぶにゃん

フェルト教室。 - 2013.09.13 Fri

フェルト体験教室を行いました。

今回は,マカロン・クッキー・リーフパイから好きなものを3つ選んで作ります。


小学生の子どもたちも参加してくれました。

Photo5760_convert_20130923203333.jpg

Photo5757_convert_20130923203438.jpg


透明袋,箱,カップ。
シールにタグなど,好きなものを使ってラッピングまで。

Photo5762_convert_20130923203406.jpg


素敵な作品がたくさんできました。

Photo5763_convert_20130923203525.jpg   Photo5764_convert_20130923203549.jpg

Photo5765_convert_20130923203622.jpg   Photo5769_convert_20130923203924.jpg

Photo5766_convert_20130923203652.jpg   Photo5770_convert_20130923203954.jpg

Photo5768_convert_20130923203853.jpg   Photo5767_convert_20130923203827.jpg


私自身も,とても楽しい時間を過ごすことができました。


ナノチカ

えごころ。 - 2013.09.12 Thu

Photo5786_convert_20130923171734.jpg

Photo5756_convert_20130923130201.jpg


衝撃かもしれませんが,

多分どちらも,ミッキーマウスがモデルではないかと思われます。



ぶぶにゃん

ナノチカとぶぶにゃんの神社旅。 - 2013.09.11 Wed

薄暗くなりかけた頃,見つけた神社に潜入する。


鳥居横には杖が置いてあり,
上へ上へと長く続く石段が目の前にあらわれた。



あの石段の一番上まで行ってみよう。


登りはじめてすぐ,大きさも高さもばらばらの石段に,
息はあがった。



「チョット休憩」


今登ってきた道を振り返ると,鳥居の下に人影が見えた。


ぽん,ぽんと手をたたいて,おじぎをしている。
目をこらしてみると,おばあさんのようだった。



「もしや・・・。
 毎日ここに通っていて,すごい勢いで登ってくるかもよ」


そう思うと,

抜かれてはなるまいと思って,急いでまた歩き出す。



下から見えていた頂上を登り切ると,

なんだ,

そこでワンクッションおいただけで,

まだ石段は上へと続いていた。


ヌー。


足はガクガクと棒のようになったが,あともう少しと信じて必死で登る。



髮ィ螳ョ逾樒、セ_convert_20130921232940



「石段の両側にちょうちんがあって,
 神社で小さな夏祭りがあったりしたら,風情あるね」


ナノチカのその声を聞きながら,

ぶぶにゃは,スタスタスターと登り切った石段へ戻った。



そして確認した。
「おばあさん,いないよー!!」


おばあさんにこの石段は過酷過ぎます。

ぶみゃっ。



ぶぶにゃん








ナノチカとぶぶにゃんの鍾乳洞旅。 - 2013.09.10 Tue

鍾乳洞旅は,本当に面白かった!!


「100円を入れると,鍾乳洞内で20分間のイルミネーション体験ができる」
らしく,
そんなことは全く求めていなかったのだが,

近づいてみて気づく。

逋ス貊晏・蝨胆convert_20130921234825

お金を入れないことには,真っ暗で何にも見えないから,
どっちにしてもイルミネーション体験をしないといけないってことに。


鍾乳洞付近の景観は美しく,
水の透明度ランキングをつけるなら,かなり上位にランクイン。

Photo5739_convert_20130921234808.jpg

Photo5734_convert_20130921234656.jpg



早速100円を投入したら,走って鍾乳洞へ。
藤岡弘、探検隊の一員になった気分。



ふわぁ~ディズニーランド!!

Photo5730_convert_20130921234602.jpg


通路両側には,さらさらと静かに水が流れていて,
ディズニーランドとかにありそうなアトラクションを彷彿とさせる。

シュッパーツ。
そうこうしている間も,
鍾乳洞内は,緑・赤・水色と,怪しく光り続けている。


進むこと1分もあっただろうか・・・
いや,ない。

道はすぐに突き当たり,進行方向の右手を見て恐怖のどん底。



オオーッ!!

先ほどのディズニーランドはどこ行った~??


そこは急に,海猿の世界。

Photo5735_convert_20130921234718.jpg

Photo5726_convert_20130921234541.jpg


ゴーッ。ゴーッ。バッシャーン。ザバー。
いきなり音も大げさになるのだ。

Photo5738_convert_20130922000606.jpg

この網部分から,暴れて飛び出す水が兎にも角にも恐怖,でしかない。

海猿~!!!

なんて思って階段を見上げている間にすぐ,足元はびっちょびちょ。


意を決してこの階段をよろよろとのぼりきり,左手に行くと

Photo5737_convert_20130921234740.jpg

道はすぐに行き止まり。

もう水の音など何もせず,
金網から下をのぞくと,ものすごく透明でものすごく深い底が見えた。

そして,
藤岡弘、探検隊ではおきまりの,

こうもりとか,こうもりの糞とかあるんじゃないの??

と,天井を見上げたが,きれいなもので何もなし。



水はどこからか湧き出しているのか,
音のない世界にただ立ち尽くした感があった。



イルミネーションは20分体験できるのに,探検はものの5分も掛からずに終了。



そしてまた,さっき来た道を戻るのだが,例のあの階段はやっぱり海猿。

ここだけなぜこんな恐怖なんだ?



海猿階段をおりると→ディズニーランド→鍾乳洞入口ですぐに終わってしまった。



いやいや,もう一回行かねばなるまい。

そして2回目の挑戦。


靴はすでにびしょびしょなのだが,
もう仕組みが分かってしまった恐怖階段を,

せんざきに助けを求めることなく自力で登る。


そして,やってきたのはまた無の世界。

だまって立ち尽くす。



そろそろ帰ろうかと振り返ったら,そこに老夫婦が立っていて,
その登場の仕方と,海猿階段をやけに静かに登ってきたなぁ,
ということに驚く。

ついつい老夫婦の足下を見てしまった。


革靴・・・。




鍾乳洞の入口に,ホースから流れる水を発見。

Photo5731_convert_20130921234626.jpg

ちょっと手を伸ばしてみると,さほど冷たくはなかったのだが,


「そこに30秒手を置いていられたら,何かあげるよ。」
「簡単だよ。冷たくないんだから。」



10秒もしないうちに,手がやけどしたかのようで,ちぎれるかと思った。
ここの水は一体どんな成分なのか,
またまた恐怖。




鍾乳洞探検(2回)は本当に楽しかった!!

帰り際100円を投入した機械を見たら,6分という赤いランプが見えた。


あと1回海猿やってくればよかったかな。
いやでも途中で消えたら,それはもう・・・



センザーキ!!!

恐怖以外の何ものでもない・・・。





*その後ネット画像で知った情報によると,
いつもは海猿になっていないようで,あの日だけ増水していたっぽいです



ナノチカ



ナノチカとぶぶにゃんの石橋旅。 - 2013.09.09 Mon

今年に入って,石橋探検によくでかけます。

隨譚セ讖祇convert_20130921232913


Photo5722_convert_20130921232851.jpg

川にもおりてみました。

ナノチカが実を投げてきました。もちろんよけきれず。



ぶぶにゃん

ナノチカとぶぶにゃんの滝旅。 - 2013.09.08 Sun

ナノチカとぶぶにゃんは,散歩がてら近隣にお出かけ。


滝を見に行きます。


車を降りてから少々歩くらしく、山の中に入っていきます。

Photo5741_convert_20130921223640.jpg

最初にやってきたこの橋を渡って,すぐに着くのかな?と思いきや・・・


山道は延々と続き,
行けども行けども,看板も滝の感じも人影も全くありません。


ちょっと不安になってきました。


歩きながらナノチカが,
アルプスの少女ハイジの話をしてくれました。


ぶぶにゃんは,ハイジの話を聞くのが初めてで,
その話に夢中になって,ただペタペタと歩き続けました。


残り180メートルと書いてある看板が見つかって,
急に足取りも気持ちも軽やかに。



「一体どんな滝だろうね。
 ここまで来たんだから,滝壺で泳がないといけないね」



螟ァ貊拈convert_20130921223657

Photo5743_convert_20130921223718.jpg


いやいや,とても泳げる滝じゃあ~ございません。



そして帰り際,気づいたこと。
スタート地点に,滝までの距離が記された看板を見つけました・・・。



ぶぶにゃん

フェルト教室最終準備。 - 2013.09.07 Sat

教室用のキットや,ラッピンググッズなどを揃えて,
あとは当日を待ちます。

Photo5749_convert_20130921222142.jpg


ぶぶにゃん

かぼちゃのその後。 - 2013.09.06 Fri

細かいパーツいろいろ、組み合わせます。

Photo5750_convert_20130921102317.jpg

Photo5751_convert_20130921102342.jpg



ぶぶにゃん

吊り橋わたれ。 - 2013.09.05 Thu

Photo5715_convert_20130918230700.jpg


吊り橋を見つけたので,喜んで渡ってみる。


あんまり揺れなかった。


橋の上から,子どもたちが泳いでいる姿が豆粒のように見えた。


水が汚かった。

フムゥ・・・。


遶狗・樣・_convert_20130918231754


ぶぶにゃん

かぼちゃロール作り。 - 2013.09.04 Wed

かぼちゃの土台も同じように作ります。

Photo5714_convert_20130914234746.jpg


個人的にかぼちゃは好きな類の野菜です。
ブミャ。


ぶぶにゃん

くりのロールケーキ。 - 2013.09.03 Tue

Photo5713_convert_20130914234727.jpg

粉砂糖をふったらおいしくなります。



ぶぶにゃん

かぼちゃ作り。 - 2013.09.02 Mon

これが,のちのちはかぼちゃ二つになります。

Photo5715_convert_20130914234709.jpg


ぶぶにゃん

秋のロールケーキ作り。 - 2013.09.01 Sun

ロールケーキを作ります。

Photo5712_convert_20130912194349.jpg


ぶぶにゃん

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。