topimage

2014-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月31日。 - 2014.03.31 Mon

毎年3月31日を,意識して迎える。
何年経っても変わらない,大切な日だ。


明日になったら全てが変わってしまう,あの感覚。

誰が去っても,誰がやってきても,時だけが変わらず流れていくあの感覚。


その日がやってくると,大切な人たちが次々といなくなった。

そして自分も同じようにいなくなって,
残った大切な人もまた,そこからいなくなった。


今はもう,あの時間軸の中で生きてはいないのだけど,
3月31日だけは,背筋がぴんと伸びる気持ちになる。

今なお,そこで生きている人たちのことを思い浮かべて。



IMG_7000_convert_20140404204908.jpg

お友達と出かけた楽しい日。
帰り道が渋滞でも,すぐ家にたどり着いてしまう。


6年も時間があったのに,
『楽しい時』っていうのは,あっという間に過ぎてしまうもの。




ナノチカ








スポンサーサイト

どうぶつたち。 - 2014.03.30 Sun

Photo6414_convert_20140404202132.jpg

ぶぶにゃんは,これくらいのサイズの小さないぬが苦手なんです。


Photo6413_convert_20140404202155.jpg

うさぎ好きのナノチカでも,これを見たらきっと怖がるだろう。


Photo6412_convert_20140404202221.jpg

おーいたいた。ぶぶにゃんは,こういういぬが好きなんです。



あ!!

Photo6411_convert_20140404202244.jpg

何者かに肩をやられてる・・・。



ぶぶにゃん

桜の木の下で。 - 2014.03.29 Sat

「雨が降ったらもう終わりだろうから,明日見に行ってみる。」

翌日彼女は,1枚の写真を送ってきた。

DSC_0274_convert_20140402204833.jpg


「あの桜の木の下で会いましょう。」

今年交わしたその約束は,結局叶わなかった。
また来年,同じ頃に同じ約束をするよ。



ナノチカ

チョコレート工場。 - 2014.03.28 Fri

Photo6588_convert_20140331201906.jpg

チョコレートやさんの人は,チョコレートが好きなんだろうかね?

たくさん食べ過ぎて嫌いかもしれないね。




ぶぶにゃん

祖母の遊び。 - 2014.03.27 Thu

棚の奥を整理していたら,スーパーの不透明な袋が出てきました。

ん?何だっけ? 

Photo6585_convert_20140331005416.jpg

開けてみると,ルービックキューブだー。ウー!やりたい!!


そうそう,
これはある友人の職場に行ったとき,
机にあったものをいろいろかき集められ「ハイあげる」と言われた袋でした。

その他,なぜか軍手や雑誌の付録についていた妙に男っぽいブランケット,
小さな車のおもちゃなどが入っていました。



完全に色が揃ったルービックキューブを目の前にして,思い出すのは祖母のことです。

よく晴れた日,縁側に座ってルービックキューブをカチャカチャとやっていた祖母。


後から聞くと,
従兄のおじさんが祖母の暇つぶし用にと買ってきたものだったそうで,


小さい頃それを借りては,
「この青をここにもってくるにはどうしたらいいの?」

いつも祖母に聞いていました。


だから,

言葉では全然説明できないけど,
一番下の角にある色を,上に持ってくることだけは,私にも確実にできるんです!


今となってはどうして他のやり方も聞いておかなかったのだろうと思うのですが,

そういえば祖母は,いつもその一つのやり方しか教えてくれなかったし,
その他できないところがあると,
「かしなさい」とすぐに取り上げ,自分で解決してしまうんです。

種明かしもされないまま,
結局私も同じことしか質問したことがなかったという,

遠い昔の,なんともおばかな話です。



このルービックキューブを見て,
一度動かしてしまったら,完全に色を揃えられないことに怯え,

そして,今こそ方法を聞きたい祖母も,もう近くにはおらず。



私は,
その小さな四角を,不透明な袋の中にそっとしまいました。




ナノチカ

完成を待つ。 - 2014.03.26 Wed

もう3年ほど前になりますが,近所に小学生の女の子が住んでいました。


時々遊びにきては,フェルトのケーキを見るのが好きなようで,
さらに「お友達にも見せたいから,上がってもいい?」と玄関をノックするような子でした。


その女の子が一度,「ケーキを作ってみたい」と申し出てきました。
お友達も一緒に2人で,習っていいか?と。


早速作ることになりました。

Photo6583_convert_20140331005355.jpg

女の子たちが作ったケーキの土台。


その後数回続きを作りにやってきたのですが,結局完成しないまま,
女の子は引っ越してしまいました。



いつでも続き,作れるよう待っているよ。


いや,もう大人になって,すっかり忘れたかね。



ナノチカ

マカロン作り。 - 2014.03.25 Tue

マカロンを作るのは数ヶ月ぶりです。

Photo6578_convert_20140329184446.jpg


ぶぶにゃん

春の,あの白い花。 - 2014.03.24 Mon

去年と同じ場所に咲いていた花。

いつもはそこにあることさえ全く気付かないのだが,
春になると急にその存在感を増してくるのである。

Photo6561_convert_20140326232752.jpg

ここから大量の花粉が飛んでくるんじゃないの?と恐れるぶぶにゃん。


この日てくてく歩いていて,他にも仲間を見つけてしまったのだ。

Photo6562_convert_20140326232813.jpg

これまたいつも通る道なのに,1年を通して花の存在にすら全く気づかなかった。


ぶぶにゃんは花粉症じゃないんだけど,なんか怖いんですこの花が。




ぶぶにゃん

カップシリーズ。 - 2014.03.23 Sun

今年もまた,春夏限定カップシリーズの季節がやってきました。

Photo6551_convert_20140324094356.jpg


ぶぶにゃん

お池のまわり観察。 - 2014.03.22 Sat

【お池のまわりで見つけたもの】

Photo6538_convert_20140322214640.jpg

かなり背も高いし,枯れてない時はどんな立派な草だったんだろうね。


Photo6540_convert_20140322214656.jpg

ここで,誰と何をおしゃべりしただろうね。


Photo6534_convert_20140322214601.jpg

いや,このバシャバシャ感。結構な数いるよ。

Photo6536_convert_20140322214623.jpg

そんな口を開けたところで,ぶぶにゃんは食べ物をもってないんだから。

Photo6533_convert_20140322214541.jpg

あぁ。魚のひげがとってもこわい。早くここを離れよう。


Photo6542_convert_20140322214713.jpg

最後に,素敵な素材のお召しものを見てほっとする。


散歩はなかなかにおもしろいものです。
ブブ。



ぶぶにゃん

石橋の下で。 - 2014.03.21 Fri

昨年,ぶらり旅の途中で出会うと,行ってみなければすまなかった石橋たち。

それにしても,いつまでたっても制覇できない。
なんて橋の多いまちだ!!

Photo4600_convert_20140322212638.jpg

Photo4606_convert_20140322212427.jpg

まるでドラえもんみたいに,ぎゅっと握りしめた両手で水辺に立ち,ぶるぶる震えた。

風の冷たい日だった。



ぶぶにゃん

フェルトが繋いでくれるもの。 - 2014.03.20 Thu

1年ほど前,東京のアトリエで行われた「グループ展」に参加させていただきました。

ここで,3人の素敵な作家さんに出会えました。

P1030725_convert_20140322210533.jpg

P1030726_convert_20140322210555.jpg

P1030730_convert_20140322210615.jpg


展示会当日,お友達が遠方よりお祝いの花を贈ってくれました。

P1030736-1_convert_20140322211004.jpg

P1030737_convert_20140322210636.jpg


フェルトを始めたころから知っていて,それを好きだといってくれる友人。
フェルトがつないでくれる新しい縁。


まだまだ始まったばかりですが,
これからもフェルトと関わっていきたいと思う日々です。



ナノチカ

お庭探検。 - 2014.03.19 Wed

地面がぬかるんでいる日の午後。

Photo6543_convert_20140321230207.jpg

誰もいない,
とある小さなお庭に一歩足を踏み入れようとした瞬間,
ガラッと小窓が開く音がした。

「すみませーん」

振り向くとおばさんが見えた。

「200円になります」


お庭に入るのはお金がいるみたい。
さほど整備もされておらず,ちょっとお高い庭だった。

Photo6544_convert_20140321230123.jpg


コテっ。

Photo6546_convert_20140321230148.jpg


ぶぶにゃん

フェルト教室。 - 2014.03.18 Tue

今日はフェルト教室を行いました。

Photo6550_convert_20140321225111.jpg

Photo6551_convert_20140321225411.jpg

Photo6553_convert_20140321225137.jpg

Photo6552_convert_20140321225156.jpg

Photo6555_convert_20140321225215.jpg

写真が下手すぎました。


次回も楽しみです。



ぶぶにゃん

おしごと。 - 2014.03.17 Mon

最近のぶぶにゃんは,

おしごと,

を忘れておりました。

Photo6530_convert_20140318093832.jpg



ぶぶにゃん

ぶたねこ冒険記。 - 2014.03.16 Sun

「今日はぶぶにゃんが案内するから旅に出よう!」
そう言って若草色を誘い出してから40分後,

「あのー。ここへはどうやっていけばいいのでしょうか?」
地元の人に聞く,一匹のぶたねこの姿があった。


ほんとのこというと,ざっくりした道しか,分かっていなかったのだ。


「その信号を左,つきあたって左,道をくだって左・・・かな?
 あとは私も分からないのよねぇ」

その言葉だけをたよりに進む。


「最後の左」とやらを曲がってからは,
行けるのかさえ全く自信の持てない,細い山道が続いていた。
期待していた看板なんて,どこにもない。
若草色がもう行きたくない,というので,それじゃあ帰ろうかと思った矢先,
ぱっと目の前がひらけた。


「あった・・・」


山奥の,水神様のお池,だよ。

「あった,あったよ!」



夕暮れ時のその場所は,少し肌寒く,何の音もしなかった。
外に出ると,小さな虫の大群が,ぶぶにゃんの頭の上に集まってきた。


汚い色をした池の水が,周りの山々と一緒に
「ぶぶにゃんを池に引き込もう」と話していた。

Photo6523_convert_20140316132137.jpg

Photo6516_convert_20140316132200.jpg

バタバタバタ,バッシャン。
遠くの方で静かに浮いていたはずの鳥が,急に大きな音をあげた。

ビクッ。
その瞬間,
若草色との遠出のとき必ずなめている乾燥梅を,飲み込んでしまった。

からいっ!!塩!塩のかたまり!!

鳥の次は,しょっぱすぎる梅に驚いた。

え?はちみつ入りって書いてなかった?
こんなものたくさん摂取したら,体に悪いじゃない。ブミー。


気を取り直して,
その後は,お池のまわりをゆっくり散策。

Photo6522_convert_20140316132218.jpg

これは一体何なんだ?この,水中へ続くパイプと階段は~。

ぶぶにゃんに「こんにちは」するどじょうなんて,出てこなかった。
いや,その確認はできなかった。

だって,ぎりぎりのところまで行ってだよ,
もしこの階段からコテッとひっくり返ったら,
誰も助けにきてくれないし,上で待っている若草色にも気づかれない。

そしたら,そしたら・・・

と考えながら,ぶぶにゃん探検隊の周辺調査は続く。


そしたらの結末が,すぐにはっきり分かったとき。
ぶぶにゃんは,あわてて階段を駆け上がり,若草色に乗り込んだ。


夢中で,あめだまを一粒なめる。
う~ん,あまい。
でも今日は,その甘さに安心した。


フムゥ。なかなかに刺激的な冒険だった。
また次回は,別な場所を探検せねばなるまい。




ぶぶにゃん





大切な場所。 - 2014.03.15 Sat

近所への小さな旅,まだ見ぬ遠くへの冒険をすると,
必ず出会うことになる素晴らしい風景たち。

「日本にもこんな美しい場所があったんだなって。
 これからも守っていってほしいなって思います」


旅の途中で素晴らしい風景に出会ったとき,このセリフは欠かせません笑
そして同時に,また新しいものを探しにいかなくちゃ,と思います。


このセリフは,浅野忠信さんの言葉を勝手に拝借・参考・修正したもの。
以前旅した先での感想を,
浅野さんはこのように話していらっしゃいました。


『日本にもこういうところがある,って再発見できてとてもよかった。
 まだまだ美しいところがあるんだなって分かって,感動しました。
 これは,来てみないことには感じられない。
 
 日本独特の美しさを,これからも大切にしてもらいたいと思うし,
 僕らもどんどん発見していくべきだと思いました。


 ここに来て,とてもよかったと思います』


この,浅野さん出演の『SONY NEX-5』3部作CMが,今でも大好きです。



あの旅先とは,

本当にそう思えるところだから。

Photo6507_convert_20140316103030.jpg


ナノチカ


のぞき穴の向こう側。 - 2014.03.14 Fri

Photo6508_convert_20140316103011.jpg

こののぞき穴を使うことは滅多にないのですが,

先日ものすごい声に誘われて,
穴の向こうをのぞいたら,外で大変な事態が起こっていました。



休みの日の午後に鳴るチャイムは,8割がセールスなのでいないふりをします。

しかし昨日は2度,ピンポンダッシュをされました。



穴~っ!!

のぞき穴とは,こういう時こそ大いに活用すべきものだな。

うまくいく成功率は,ほぼゼロだろうけれど。

ブミャアーッ!!



ぶぶにゃん

Aランクおたたみへのこだわり。 - 2014.03.13 Thu

「えーっ。こんなところに?懐かしい~」

ユニクロの店長にもらったパーカを,実家ではなく自宅にて,今日見つけました。
広げて,眺めて,たたみます。


以前,みんなでその店長宅に伺った際,

部屋にあった銀色の棚,そうそれはまるでユニクロの什器のような棚に,
きれいにたたまれた洋服が並んでいるのを見て,驚いたことがありました。

店長は常にAランクのおたたみを目指していた人で,
昔はきれいにたたむために朝までやったこともあった,と話していました。

たたみ方にもすごくこだわっていて上手だったので,本当にきれいでした。


しかも,そこにあったのは仕事で着る服だから,全部ユニクロ!
「これ売り場じゃん」と,あの時みんなで笑いました。



遠い昔の,そんなことを思い出しつつ・・・うーん。ここは超久しぶりに,
いっときますか?


ジーンズのおたたみ。

Photo6507_convert_20140314121231.jpg

★下からジーンズ紹介★
・いつどこで買ったか分からなくて,全くはいていない。
・股上が浅くてすごくはきやすい。はきやす,かった。今は肉がのるから大変危険。
・スタッフが長さを間違えて補正し,処分ワゴンに行ったジーンズ。
 なぜかはいてみたらちょうどだったため購入。「シンデレラジーンズ」と名付けよう。
・初期の頃のレギンスパンツ。昔ははきこなしていた,はずである。
・タグもサイズシールも全部ついている新品。なぜ買ったのだ?と自問自答してしまう品。


おたたみで重要なのは,幅と厚みの統一。
自分のだとサイズが一緒だから簡単だけど,
売り場にはいろんなサイズがあるので,難易度は上がります。


どうしたらきれいに見えるかを,ユニクロは常に研究しつづけているはずなので
昔と今のおたたみ方法は違いますが,
断面はこう。

Photo6509_convert_20140314121215.jpg

企業秘密だから,詳しく教えてはいけない?のに,かなりはっきり見せちゃいました。
あ,売り場で見ればいいから,秘密じゃないね。


続きまして,パーカ。

Photo6511_convert_20140314121159.jpg

いただいたものを無意識にたたんでみて,

98%右側が広くなってしまうおたたみを,今も変わらずやれた自分に驚こう。
進歩が見られないことに拍手です。

Photo6514_convert_20140314121143.jpg

この上にフルジップパーカをのせてみたら,さすがにぐちゃぐちゃ。
ブランド・素材・購入時期・着用回数の違いから,
売り場の新品より,着古した物をたたむのは難しいのだ,という持論を信じよう。



あー。
アー。
いやだー。
もうー。
誰かー。
嫌なんだって!ほんとうに!!




と思いながら,ここまでくると,もうやらずにはいられなくなってしまったカーディガン。

Photo6515_convert_20140314121126.jpg

調子の狂った緑の上に黒をのせたら,厚みは解消できたはずだと言い訳しよう。


最後は,シャツ・・・?

いやいやいや,シャツは本当に苦手で全然きれいにたためません。



もう今は,ジーンズもめったなことでははかないし,
パーカも全然着ないので,このまま静かに直します。


これを読んだ誰かが,(ちょっとたたんでみよう)と,一瞬でも思う。
もしくは,
(へぇ~こうなってんだ~)ユニクロ店内の観察が少し楽しくなる。

どちらかであることを願って。



あ,でもユニクロの回し者じゃございません。


ナノチカ


キックボードにまつわる話。 - 2014.03.12 Wed

北京のイトーヨーカドーのおもちゃ売り場に,
キックボードがたくさん並んでいた記憶があります。


Photo6504_convert_20140312160837.jpg


このうさぎの顔を見ていたら,思い出すこと。


それは,
売り物のキックボードを,売り場以外の結構な広範囲で乗り回すという,


日本では,
いや日本以外でも,あってはならない遊びをしていた友人の楽しげな顔。


環境がそうさせたのか,若さがそうさせたのか,
あんなことをして,よく怒られなかったものです・・・。


それより,
正面玄関前で繰り広げられていた,女性同士の口論の方が人だかり。
さすが中国。


スィー。スィー。
でもあれ,気持ちよさそうだったー。



ナノチカ

ロールケーキのなかみ。 - 2014.03.11 Tue

もう長らく行っていなかった渋谷さんのお店に出かけます。

この春の新作という,さくら味のロールケーキをいただきました。

Photo6499_convert_20140311180327.jpg


食べていたら,ハート型のいちごが発見されました。

Photo6500_convert_20140311180346.jpg

「渋谷さん見てくださいよ。もしかして,ハート型に切ってくれました?」
「いや」

それよりなにより,ぐちゃぐちゃ。。。であります。




ぶぶにゃん

続・ヒトとブタネコのたたかい。 - 2014.03.10 Mon

この前ぶぶにゃんは,出世祈願をしていると話しましたが(詳しくは2/27の日記を読んでください)
あれから気になって,あの場所に行ってみたんです。


1年振りに行く場所。

戸が閉まっていたので,「お邪魔します」
ソロリと開けました。
ガタガタと音がして,戸は開きました。

中に入ると,出世祈願のお名前紙は昨年より更にパワーアップして,
増えているように感じました。



えーと,えーと。
気になるぶぶにゃんのお名前紙はというと・・・



なんと!!
去年貼ったのと同じ場所にありました!!


それを見つけてぶぶにゃんは,アッターと声をあげました。
初めて,1年間捨てられずに残っていてくれて,すごく嬉しかった。


帰り際,お友達のきじうまに声をかけました。

ぶぶにゃんは,
見張りのヒトがいないのをいいことに,いつもこれに乗って遊んでいるんです。

Photo6469_convert_20140310223106.jpg

また来年会いにくるから,それまで元気で。
ぶぶにゃんのお名前紙を守って,待っていてね。バイバイ。



ぶぶにゃん





お風呂じゃないよプールだよ。 - 2014.03.09 Sun

「どうしてこんなに緑色なんだろうね?」

「上の方で,バスクリンを入れているからだよ」

「ふぅ~ん。」

Photo6460_convert_20140310093834.jpg

Photo6461_convert_20140310093922.jpg

こんな緑にするには,いったい何缶いるだろうねぇ。



ぶぶにゃん

今日の午後のこと。 - 2014.03.08 Sat

今日はお友達と一緒に,クレープを食べに出かけました。

案内されたのは,庭の見えるカウンター席。

庭には,ぶぶにゃん好みの素敵な苔玉があって,
飛んできたスズメが,水の中でおぼれたんではないかと思われるほどバタバタしていて,
ちょっとごちゃごちゃした模様のねこも歩いていました。


運ばれてきたクレープは,冷たいサーモン味と,温かいソーセージ味でした。

Photo6490_convert_20140309222603.jpg

(サーモン味をもう一つおくれよ。)と,最近食いしんぼうなぶぶにゃんは思いました。


お金を払う順番を待っている間,
料理人の格好をした人々の写真が,壁にかかっているのを見つけました。
外国人の中に1人だけ,日本人女性が写っていました。

「ん?外国で修行したってことかね?」

お友達の方を見ると,そうでしょうとうなづきました。

「でも,この人は今日お店にいないね」


支払いの順番が回ってきました。
小さな小窓からにゅっと手が出てくるので,そこにお金をのせます。

お友達が小声で教えてくれました。今の人が写真の人じゃないかと。


おつりをもらうとき,小窓から顔を見てみました。
多分写真の人でした。ちょっとぽちゃぽちゃになっていました。ブミャゴメン。


ぶぶにゃんも自分のお腹を触りながら,お店をあとにしました。




ぶぶにゃん

おとぎ話クッキー。 - 2014.03.07 Fri

パッケージが素敵だなと思って,つい購入してしまったクッキー。
ちょっと性格が疑われる表情のうさぎ,とかめ。もう一つは,全く知らないやつ。

Photo6492_convert_20140308195744.jpg


知らない方の話だけど,
フクロウとネコは,航海してたどりついた先で結婚するんだって。

二人はどこで出会ったんだろう。
大きな木の下?それとも職場恋愛?ムフフ。

Photo6494_convert_20140308195853.jpg

ネコの顔を一口。う~ん,あまーい!!太るもとー。



ぶぶにゃん

今月のマダムのお店。 - 2014.03.06 Thu

マダムのお店に行きます。
今日はいつもより遅い時間に行ったので,お店が大混雑です。

Photo6452_convert_20140307093657.jpg

不思議な食感の,不思議な白いもの。はにゃあ~。

Photo6453_convert_20140307093737.jpg

今日のスープは,確かじゃがいも。

Photo6454_convert_20140307093822.jpg

お魚を選びました。
いよいよ忙しさがピークとなり,厨房の奥からシェフ自ら,運んできてくれました。
「黒ダイコンがおいしいよ」

Photo6455_convert_20140307093906.jpg

なんだか雪景色を思い出させるようなデザート。

冬のことを振り返ってみても,やはり食欲が押さえられないぶぶにゃんです。



ぶぶにゃん

ぶぶにゃんの食欲。 - 2014.03.05 Wed

この前立ち寄ったラーメンやさんに,再び出かけました。
具が一番多く入った,欲張りなやつを注文。

Photo6490_convert_20140307093521.jpg

炭火で焼いているというチャーシューがお気に入り。


今日は草色の前掛けをしたお兄さんが,
「きてくれたのかい?」と,ご飯をおまけしてくれました。

Photo6491_convert_20140307093613.jpg


帰りにもたせされたチョコレートがおいしくて,
「もう1個ちょうだい!ちょうだい!!ブブ,ブブ」と,
2回もねだってしまいました。


「もうない!そこのスーパーに売ってるから買いなさい」と言われ,
帰りに買ったそのチョコレートを,すぐに全部食べてしまいました。


ぶぶにゃんは,春に向けて何でも食べたいのです。



ぶぶにゃん

ふわふわおとめケーキ。 - 2014.03.04 Tue

春っぽいケーキを作ってみました。

Photo6486_convert_20140304101616.jpg

Photo6481_convert_20140304101706.jpg



ぶぶにゃん

ほろにがチョコケーキ。 - 2014.03.03 Mon

抹茶用のミニマカロンを作ったとき,あわせてチョコ味も作っていました。

おととい作った,チョコレートの飾りをのせたら完成です。

Photo6443_convert_20140303111317.jpg

結構苦めの味に仕上げたので,お子様はごちゅうい。



ぶぶにゃん

また,20年後に。 - 2014.03.02 Sun

小さな展覧会場で見つけた,大きな言葉。


狭い会場にたくさんの人々が集まって,写真やスケッチなどを黙って鑑賞している。
静かな空間には,シャッター音だけが響く。

誰も立ち止まらない,1枚のパネルの中にその言葉はあった。

誰もカメラを向けることのない,たった2行の言葉に深い意味を感じるような気がした。


Photo6471-1_convert_20140302224925.jpg


20年後。
その時,生きていても死んでいても。

こうして小さな旅に出る意味を感じ,こうして笑っていようと思う。


できればまた,

今日と同じように。



ナノチカ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。