topimage

2014-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の納品。 - 2014.05.31 Sat

chichigashiyaさんへ,今月の納品に出かけました。
今回はクッキークリップを多めにお届け。

帰りに,今日発売したばかりというケーキを購入しました。

Photo6799_convert_20140603193714.jpg

ももがまるごと一個入っています。

甘くてペロッと。
すぐ食べ終わっちゃいました。


ぶぶにゃん
スポンサーサイト

今日のランチ。 - 2014.05.30 Fri

大好きなお友達と久々のランチに行きます。

Photo6783_convert_20140531234856.jpg

Photo6785_convert_20140531234922.jpg

他のお客さんがいるのをいいことに,4時間も話し続けました。
いよいよ最後のお客さんが席を立ったので,一緒に店を出ます。


帰り際の約束。
次はどんな話で一緒に笑おうか,

来月会うのが今からとても楽しみです。


ナノチカ

やもりとぶたねこ。 - 2014.05.29 Thu

少し長い話になりますが,本当の話です。


2日前の夜,ぶぶにゃんが窓をみていたら,
とかげのようなものが窓の向こうを歩いていました。
窓をえいえいっと叩いてみましたが,とかげは逃げませんでした。


それから,話は昨日のことになります。

ぶぶにゃんが部屋の中をうろうろしていると,
なにやらとかげのようなものが冷蔵庫の下に入っていったようなんです。
あれは昨日見たやつにそっくりだったから。

エッ?どうやって入ってきたんだい?

ぶぶにゃんは慌てて冷蔵庫の下を覗きましたが,いません。


友達に聞いてみると,それはやもりという生き物で,おうちの中にいていいそうです。

フムゥ・・・。
ぶぶにゃんは,飛ばないかと聞いてみました。
飛びもしないし,歯がないから噛みもしないし,臆病なやつみたいです。


そしてそして,話は今日のことになります。

朝から天井を見たり,暗い場所を探っていたぶぶにゃんですが,
全然見つけることができません。

台所に敷いてある薄いマットの下にいるような気がしたものの,
姿を確かめることができず・・・。


そして昼間におでかけして,戻ってみると。
さっき見たマット下の影が,違う向きになっていたのです。

そこだな!!

ぶぶにゃんは,昨日の夜作っていたやもりホカク用のペットボトルを
取り出しました。
そして,マットをめくり見事にペットボトルをかぶせることに成功。

しかし,それから外に出すまでが大変で,
やもりの手足をちぎらないか,おそるおそる運びます。

いや~無事に外に出せました。ヨカッタ。


それから5分後のことです。
ピンポーン。誰かがやってきました。
「ハイ~」
「郵便局っす」

郵便の兄さんが配達にやってきたので玄関を開けました。
そのメガネの男性は,毎回「○○っす」というのが特徴的なんです。

玄関を開けると,郵便兄さんの後ろにさっきのやもりを発見したぶぶにゃん。

「ここにお名前いいっすか?」
「・・・あのですね。ちょっと話してもいいですか?」
「何すか?全力で聞かせていただきまっす」

ぶぶにゃんは,郵便兄さんとそんなに話したこともないのに,かくかくしかじか,まるまる。
この2日の出来事を話して,
「そのやもりっていうのが,後ろにいる,ほら」

郵便兄さんはくるりと振り向きました。
「どこっすか?」

「いや,さっきまでそこにいたんですよ。」
「またまた~。妄想話じゃないんすか?暑くなってきたから」


フムゥ・・・。
玄関を早く閉めてもらわないと,隙間からまた入って来るっす。


Photo6794_convert_20140531210002.jpg

ほんと,この黒い影に脅かされました。

さよならやもり。おうちの中にいるといいらしいけど,もう来ないでね。



ぶぶにゃん

見つけた場所。 - 2014.05.28 Wed

夏が来る前に,もう一度行きたいな。

Photo6717_convert_20140531000410.jpg

Photo6720_convert_20140531000433.jpg


ぶぶにゃん

パウンドケーキその後。 - 2014.05.27 Tue

パウンドケーキ焼けました。フライパンで仕上げる斬新さ。

Photo6778_convert_20140528210728.jpg

Photo6782_convert_20140528210749.jpg

Photo6762_convert_20140527215341.jpg
 


ぶぶにゃん

今日のランチ。 - 2014.05.26 Mon

約半年振りに会うお友達と,和食を食べに行きました。

畳の大広間に配置されたテーブルは,年配の方で満席です。

今日の話題は,9割が笑い,1割が涙という結果になり,
メインのご飯は,お腹ぱんぱんで食べきれませんでした。

Photo6749_convert_20140527215308.jpg



ナノチカ

パウンドケーキ作り。 - 2014.05.25 Sun

今,パウンドケーキを作っている途中です。

Photo6759_convert_20140526184350.jpg


ぶぶにゃん

あいのかたち。 - 2014.05.24 Sat

大好きなポテトチップスを,喜んで食べられるのは束の間。
今日も例外なく,ぺろっと食べてしまい,

あ~もうなくなっちゃうな~
と,スカスカになった袋をのぞきこんだその時。

エッ。すごい!!

Photo6752_convert_20140524184710.jpg


偶然にも,そこにきれいなハート型を見つけた。

Photo6753_convert_20140524184726.jpg

しばらく眺めてこちらは一口に食べたのだが,
ふと,

思い出した,もう一つの“ハートのかたち”。



大好きな上司が,昔一度だけ話してくれたことがある。
「毎日,病室をでる前に彼女のおでこにキスをする」

大の大人が,恥ずかしげもなく発したその言葉から,
中途半端な大人だった私は,
上司のつむいできた愛のかたちを知った。
ような気がした。


彼女のおでこにキスをすると,その日の体調が分かるのだそうだ。

言葉ではなく,多分二人はそうやって会話していた。


彼女の病は大変なものだった。
だから,こんなことを言っては不謹慎だが,
あの時の上司の姿と行動と言葉を,本当にかっこいいと思った。



たった一度だけ,スーパーで見かけた黒髪の彼女。


いつかあんなふうに,人と心を通わすことのできる日は来るだろうか。
中途半端な大人の私が,

そうなれたら,二人に会いに行きたい。



ナノチカ

まだよく分からないもの。 - 2014.05.23 Fri

こんなものが,

Photo6700_convert_20140524195430.jpg

こんなものに。チョットのびました。

Photo6756_convert_20140524195507.jpg

たてました。

Photo6751_convert_20140524195451.jpg

全然うまく作れません。
失敗に終わりそうです。


ぶぶにゃん

めずらしいもの。 - 2014.05.22 Thu

【なかなかお目にかかれないもの】

◎通常,一袋に1枚入りのところ,2枚入っていた布。

Photo6761_convert_20140522202521.jpg

ちょっと得した気分。


◎袋を開けたら,ぐしゃぐしゃだったトイレットペーパー。

Photo6758_convert_20140522202448.jpg

Photo6759_convert_20140522202503.jpg

雑な作り。



もう一つ,
何か出したかったけど,
「なかなかお目にかかれないもの」には,
そう簡単に出会えないものである。



ぶぶにゃん

数ヶ月ぶりの水浴び。 - 2014.05.21 Wed

毎月1度は水浴びに連れて行ってくれていたナノチカだが,
最近は全然連れて行ってくれないのが,ちょっとした悩みだ。

聞くところによると,
前回,若草色専用のシャンプーを盗まれたことにショックを受け,
なかなか立ち直れなかったというが,
多分言い訳だろう。

そんなナノチカが新しいシャンプーを買ってくれ,
雨上がりの今日,久々に水浴びに連れて行ってくれた。

新しいシャンプーは,水のようにさらっとして泡立ちが悪かった。

行程としては,シャンプー後シャワーを浴びることになるのだが,
毎回水が噴射する瞬間,ナノチカの片足は持ち上がり,
空中をさまよってよろっとなる。


Photo6752_convert_20140521190013.jpg

この水が体にあたると,結構痛い。


Photo6751_convert_20140521185923.jpg

痛い。


Photo6754_convert_20140521190049.jpg

痛い。


Photo6753_convert_20140521190031.jpg

あ。そういえば,7月は車検だった。


4分間の水地獄が終わるとタオルでふきあげ。
ナノチカのタオルはガサガサしていて,ここでも痛い。

その後,全身にワックス。
これでピカピカさが増す。

窓にも忘れずに。
窓ワックスを塗ると,雨の日のしずくはもう“しずく”とは呼べなくなる。
最高に丸い,ただのつぶつぶに変身だ。
交わす挨拶は「さよなら」だけ。
雨の日にワイパーを使ってやらないので,
あの二人は,出番がないことをいつもすねている。

タイヤは黒々と。
足元を黒くすると,体全体がしゅっとしまり,痩せてみえるのだ。


Photo6756_convert_20140521190106.jpg

そして去年のクリスマスに,サンタクロースからもらった新兵器。
ホイールみがきセット。

地面に夢中で落書きをする子どものように,
ナノチカはホイールに液をつけまくっていたが,時すでに遅し。
ホイールが真っ黒なので効果が出ているのか全く分からない。


あ~さっぱりした。

前みたいに,毎月水浴びをさせてほしい。
水浴びに関してはこだわりがあって,
ナノチカには,ちゃんときれいにしてもらいたいのだ。

まだ知らない遠くの場所へ,連れて行ってあげるかわりに。



若草色

衝撃から得た教訓。 - 2014.05.20 Tue

ぶぶにゃんは,大好きな白玉だんご屋に行く。

実は,これまで通い続けた結果,
ポイントカードのポイントがいっぱいになったので,
今日は,お金をたくさんもっていなくても食べれるのだ。
グヒヒ。


ぶぶにゃんは,椅子にこしかけメニュー表を眺めた。

ふわぁ~。どれにしようか。
大好きなしらたまを前に,ワクワク。
しかも今日はカードがあるので,どれを選んでもお安く食べれるのだ。

メニュー表の中で目にとまったのが,いちごの乗ったパフェ。
赤色がなんともまぶしく,ぶぶにゃんをよんでいる。

「これを一つください」
ぶぶにゃんは到着を心待ちにする。


その間,店には数名のお客が出たり入ったり。
みんな白玉粉を求めて,去っていった。


結構待った。
やっと,赤いパフェがやってきた。

Photo6745_convert_20140519193445.jpg

ぶぶにゃんはスプーンでクリームをすくった。ぬるい。

その頃店内に,男女が入ってきた。
長い黒髪をおろして,両耳の横だけ三つ編みをしている。
伸縮性があって体にぴたりとフィットしたワンピースはとっても短く,
足の8割が見えている。
歩く度そのスカートを手でぐいぐい引っ張り降ろしている女性と,
何やら全身灰色のおじさんだった。


ぶぶにゃんが,クリームの横の冷たいアイスに到達して,
ホゥ~。冷たい。
と思っている時,声が聞こえてきた。


女性が白玉粉を買いたいのか,男性が買うのを勧めているのか。
女性はわけのわからぬ言葉を使っていた。

ムム。あの言葉はもしや。
ぶぶにゃんのポケットから翻訳こんにゃくなど出てこなかったが,
男性は,
「チャレンジ。チャアーレンジ」といって,白玉粉を女性に見せていた。


レジに行く前,男性が女性に
「シラタマ,タベル?」
と何か手ですくう真似をし,女性は首を横にふった。


フムゥ。なんかいかがわしい。
その頃ぶぶにゃんは,
大好きな白玉がアイスの横に3つしかのっていないんじゃないか,
ということに気付き始めていた。
スプーンで探っても,多分3つしか入っていなかった。

間違いない。
この個数は衝撃であった。

ぶぶにゃんは,白玉を下へ下へおいやって,その他のものから食べた。


男女はレジに並び,高額な白玉粉を全て男性が購入。
女性はそれを黙って見ていた。


じゃあパフェの下の方にあるのは,一体何なの?
スプーンで探ってみると・・・。
これまたなんともいかがわしいことに,寒天じゃないの?
2度目の衝撃である。


寒天はいらないので,白玉をちょうだい。


ぶぶにゃんは,赤い見た目に惹かれて
パフェなんて頼んでしまったことを後悔した。

なぜ,いつものシンプルな白玉セットにしなかったのか。
失敗だ。
頭を抱えた。
大量の寒天を全部食べてから,
大事にとっておいた白玉を2個味わった。


ふと窓の外に目をやると,あの男性がまた
「シラタマ~」と不思議な抑揚で,女性に話していた。


フムゥ。
今度はいつもの,
白玉にみつがかかっただけの,あのセットにしよう。
地味が一番である。


またポイントを貯めよう。窓の外を見ながら思った。



ぶぶにゃん










クッキークリップ。 - 2014.05.19 Mon

最近,クッキークリップがちょっとだけ人気なんです。

Photo6706_convert_20140519113845.jpg

Photo6748_convert_20140519193120.jpg



ぶぶにゃん

トンネルの向こうは不思議な・・・。 - 2014.05.18 Sun

ぶぶにゃんは今朝ふと思い立ち,ナノチカを旅に誘った。

住所もない,電話番号もない。近くの名所を頼りにいざ出発だ。
そして案の定,道に迷う。


「すみません。この辺りに~」
ヒトに尋ねるのはナノチカの役目。
縁側に座っていたおばあさんが,ひざを押さえながら外に出てきた。

「そこは知っているよ。あの道をまっすぐ。家が全部なくなったら,左に行きなさい。
 おじょうさんの靴でいけるかしら。
 体が丈夫なら,わたしも一緒についていきたいんだけどね」

もう小さくなったおばあさんの方を振り返って,日傘を大きく振った。
おばあさんは,こちらに向かってお辞儀をした。



若草色に乗って再出発。
道を尋ねたのに,やっぱり一回は間違える。

若草色をその辺りに止めて,歩き出した。
あっているのか分からず,その道を進むのは怖かった。

Photo6702_convert_20140518225527.jpg

ガサガサガサ。
ワァッ!!
ぞっとして鳥肌が立つ。

Photo6703_convert_20140518225555.jpg

Photo6708_convert_20140518225611.jpg

Photo6715_convert_20140518225629.jpg

ちょうど陽が当たって,とても美しい姿を見ることができた。



その後も,道なき道をゆく。

Photo6730_convert_20140518225741.jpg

Photo6728_convert_20140518225807.jpg

おじょうさんは,そのいけそうもない靴で,やぶをかきわけた。
へびに遭遇したのがさっきの道でよかった。
だって,こんなところで出会ってたら・・・。
いや,こっちの方が遭遇率十分高そうだが。

Photo6719_convert_20140518225828.jpg



きっと,若草色もここを見てみたいはずだから連れてこよう,と
ぶぶにゃんが言う。
来た道を戻る途中,石や枝を片付けながら,若草色の元へと急ぐ。


若草色の意思も聞かないまま,
無理矢理10キロ走行くらいでゆるゆると,再びトンネルへ。

ブーン。

Photo6735-1_convert_20140518225850.jpg

トンネル内は風が強い。
そして,あまりに静かすぎて,
ぱらぱら落ちてくる枯れ葉にさえひぇーっと驚くことに。
時々,枝も折れて飛んでくる。

神聖な場にやってくるふとどき者には,
木々が枝を落として懲らしめたいようである。
上から降ってくるものに注意すればいいのか,
下を這うものに注意すればいいのか。


それにしても,さっきからこのトンネルを一体何往復したんだろう?


満足したので,やっと帰ることに。

Photo6739_convert_20140518225655.jpg

Photo6742_convert_20140518225721.jpg


さっき出会った銭婆が教えてくれたこの場所は,不思議な世界への入口。
だからきっと,
ここに来るまで看板など一切なかったのだ。



このトンネルをくぐって,ナノチカは豚に,ブヒブヒ。
ぶたねこぶぶにゃんは,ただの猫になった。ニャアオン。



ナノチカ


閑静な住宅街での事件。 - 2014.05.17 Sat

カーテンを開けるとそこには,全身真っ黒の・・・

あれ?
いるはずのそれは,そこにいなかった。
ちゃんとかくまっていたはずなのに。


慌ててベランダを見渡してみる。右も左も,どこにもいなかった。
さては逃げたのか。
まさかこれは重大な事件の始まりでは?と不安がよぎった。


はだしのまま,おそるおそるベランダから身を乗り出してみる。
そう簡単に見たくはないのだが,思い切って下を見てみると・・・


オオッ!

全身真っ黒のそれは,1階へ落下し,へろっへろになっていた。
ここから落下しては,即死以外あり得ない大事件だ。

目撃者もいなかったため置き去りにされ,発見が遅れてしまったこと,
さらに,前日に降った雨のおかげで,それは地面にピターとなっていた。





Photo6714_convert_20140518003424.jpg


ナノチカ姉さん,事件です。

「エー。身元は,汚れた若草色をふくための黒いタオル。
現場は,車通りの多い道路沿い。かつ他人の敷地内。
犯人は,通りすがりの突風とみて間違いはなさそうですが,
回収の方は・・・」
ブブ。


ぶぶにゃん

続・まる紙。 - 2014.05.16 Fri

やっぱり,まだまだたくさん,まるを抜きたいお年頃のようです。

Photo6712_convert_20140517223159.jpg

ぶぶぶみゃあ~。



ぶぶにゃん

肉嫌いのとんかつ屋通い。 - 2014.05.15 Thu

その昔,とんかつが大好きだった。
しかし,とんかつ好き人生はほどなくして終わる。

あれはきっと,たまに食べるからおいしいもの,だったのだ。


共同生活をしていた頃,とんかつはしょっちゅう顔を見せた。

その顔を見るたび,
おばちゃんの目を盗んで,隣の席のゆうきちゃんの皿に肉をのせていた。
犯行の手口は,ばれないように数切れずつ。

ゆうきちゃんの皿に肉を置くと,今度はからになった箸で,
山のように盛られたキャベツを少しずつ崩しながら奪うという
物々交換をよくやっていた。

とんかつが嫌いになったのは,その頃だ。



大人になってから通ったとんかつ屋がある。
とんかつ嫌いのくせに,大人の事情でここには何回も通った。
いつも大盛況で,地元の高校生・家族連れ・おひとり様と,
地域に馴染みのある店だった。
気取らない大衆食堂の雰囲気が,とても好きだった。


何年ぶりだろうか。久々に訪ねてみた。

小さなメニュー表の裏に書かれている,
とんかつ好きには邪道な,コロッケとセットになったものを注文する。

縺九▽貅€菴神convert_20140516235049

とんかつオンリーでは勝負しない。・・・いや・・・。


店内を見渡すと,あの頃と全く変わらぬ盛況ぶり。
高校生も,家族連れも,カウンターのおひとり様も,
みんなおいしそうにとんかつをほおばっている。


小さな虫が,テーブルのまわりを,ぶんぶんとずーっと飛んでいた。
ちょっと追い払ったくらいでは逃げない。
それを見て「あーゴメンゴメン。連れてきたんだよね」と,
虫のことを目の前の相手に紹介するのは,お決まりパターン。


虫も人間も,あの店のとんかつが大好きなのだ。
そう。あそこがおいしい!ということは,私も気づいている事実で間違いない。


でも,もうあの店に行くことはない気がした。
それは,
小さい虫がテーブルのまわりを飛んでいたからじゃなくて,

もっと別な。
何か。大人の事情で,である。



大好きだったとんかつが苦手になったのは,むかしむかしのその昔。
少なくとも,
「大人の事情」なんて言い訳することのなかった,
幼い頃。


ナノチカ





ジャムクッキークリップ。 - 2014.05.14 Wed

クッキークリップに,ジャムシリーズが初登場。

Photo6720_convert_20140515220720.jpg

Photo6722_convert_20140515220742.jpg

Photo6696_convert_20140515220806.jpg

Photo6403_convert_20140515220832.jpg


「クリップの上にクッキーを置きましょう」なんて,ナノチカが考えたことで,
ぶぶにゃんはあんまり賛成じゃないんです。

長くおくと,クッキーがくさってしまうので。ブブ。



ぶぶにゃん

ラッピング用まる紙。 - 2014.05.13 Tue

まる,まる,まる。

ラッピングに使ってみようと思って,ぶぶにゃんは朝からまるをくりぬいています。

Photo6695_convert_20140515183702.jpg


ぶぶにゃん

今月の納品。 - 2014.05.12 Mon

フォンテーヌさんに,ケーキの納品に出かけました。

今日はパンの日ということで,店内にはいろんなパンが並んでいました。

Photo6699_convert_20140515183605.jpg

Photo6702_convert_20140515183646.jpg

Photo6700_convert_20140515183626.jpg

ぶぶにゃんもこの中から3つ購入。
おうちで焼いている素朴なパンの味がして,とてもおいしかった!
また買いたいと思います。



ぶぶにゃん

多数派>少数派? - 2014.05.11 Sun

「これはどんな味ですか?」

「アンチョビのソースがどうのこうの・・・。
 当店の一番人気はマルゲリータですが,私はこれが一番好きですね」

「ではそれを一つ」

Photo6688_convert_20140512102936.jpg


マルゲリータにすればよかったのではないでしょうか。

フムゥ。




ぶぶにゃん

水の旅。 - 2014.05.10 Sat

そこはとても大きな池だった。

Photo6682_convert_20140512092425.jpg


素敵なところだなと思って,かけよってのぞいてみたら。

Photo6683_convert_20140512092449.jpg

汚かった。



その後,池のまわりを探検したのだが,

Photo6677_convert_20140512092506.jpg

汚かった。



そして最後に見つけたのが,この池の始まりと思われる場所。

Photo6679_convert_20140512092527.jpg

・・・きれいだった。


この水の旅の途中で,いつあんな緑色に変身したんだろうね。




ぶぶにゃん

焼き方診断。 - 2014.05.09 Fri

「何型だっけ?」
「A型」
「ウソッ。A型?O型かと思ってたよ~」
「むふふ」

Photo6686_convert_20140509222408.jpg

本日2回転目。

たしか友人は,A型じゃなかったと思うけど,
そんなことはどうでもいいか。


たくさん入れてどんどん焼いて,どんどん食べよう~。




ナノチカ

使う場所考えよう。 - 2014.05.08 Thu

Photo6701_convert_20140509192540.jpg

指さし中国語のDSソフト。


Photo6698_convert_20140509192507.jpg

いろんなジャンルがあって,画面を切り替えて使う。
ちょっと中国チックな音楽まで流れるのだ。

Photo6699_convert_20140509192524.jpg

たとえば,「道に迷いました」なんて,

指さして,
次の言葉を出すためにカチャカチャ画面を切り替えた後,
顔を上げたら中国人はもう目の前にいない気が・・・。


それに,
相手の言っていることが分からなければ,
次に何を選択して表示したらいいのかも分からないし・・・。



どうやったらこれをうまく活用できるんだろうか,疑問である。


しかし最大の問題は,
こんな機械を見せびらかしたら逆に盗まれそうで,
そちらの方がだいぶ不安である。


言葉が分からなくても,勢いと勇気と身振りだけで行くべし。

ブーヤオ。ブーヤオ!現地でこの機械。



多分これは,日本か飛行機か旅先の宿での学習用には最適です。




ナノチカ

隧道の果て。 - 2014.05.07 Wed

なんたら隧道の先にあったもの。

P1030504_convert_20140508002235.jpg


赤色の自動販売機

Photo6611_convert_20140508002344.jpg


ひげもじゃのガジュマルじいさん

P1030505_convert_20140508002317.jpg


突風

それで,バサーバサー揺れるひげ。
ついでにぶたねこの毛皮も,バサー。

Photo6615_convert_20140508002407.jpg


もう誰もいなくなった,だだっぴろい駐車場


喉の渇き


これ以上歩かなくていい安堵感


ブブ~。



こんな晴れた日にこの風。
台風時の最大瞬間風速は一体どうなるんだろう?
心配しながら,帰路につく。


早く帰りなさいと,風が車の背中をビュンと押してくれた。




ぶぶにゃん


水神様ふたたび。 - 2014.05.06 Tue

前回出かけた,水神様のいる場所。
もう行くことはないと思っていたのだけど,また立ち寄ってしまいました。

【前回】
Photo6518_convert_20140507213625.jpg

【今回】
Photo6675_convert_20140507213647.jpg


水がひけば,水神様へ参れる道ができるのだけど,今回も道はあらわれず。
まだ未熟者のぶぶにゃんは,神様から呼ばれていないようです。


突っ立っていたぶぶにゃんの足下に,
綱引き用縄みたいな太さの黒へびが出てきて,
そのままスーット,やぶの中へ消えていきました。


やはりまだまだ尻の青いぶぶにゃんは,
土手を降りることも許されていないようです。


ぶぶぶみゃ。




ぶぶにゃん

はじまりのはなし。 - 2014.05.05 Mon

どんな出来事も,出会いも,はじまりは点か線。


Photo6601_convert_20140507210654.jpg

こんなに広くて美しい滝の,


Photo6600_convert_20140507210621.jpg

はじまりだって,ひとすじの水。




ぶぶにゃん

もう一度マダムのお店。 - 2014.05.04 Sun

さほど日をあけずに,またマダムのお店に行ってみました。

今回は,前回と違う魚料理とデザートを選びました。

Photo6672_convert_20140507104751.jpg

Photo6674_convert_20140507104809.jpg


ゴールデンウィーク中で,お客さんがすごく多かったです。

また来月行きます。




ぶぶにゃん

嘘みたいな看板。 - 2014.05.03 Sat

Photo6685_convert_20140504182313.jpg


ぶぶにゃんもウマを持っていたら,乗って訪れたいものです。


・・・の前に,ウマを乗り物にしてここまでくる人いるの??




ぶぶにゃん

今月のマダムのお店。 - 2014.05.02 Fri

お天気もよく,今月もマダムのお店に出かけます。

Photo6665_convert_20140502234534.jpg

こちらは新作だそうで,
中身は,下からポテト・トマト・たまご。上はコンソメ味のジュレでした。


Photo6666_convert_20140502234550.jpg

初めてご対面。新たまねぎのスープ。


Photo6667_convert_20140502234607.jpg

今日はお肉コースを選んでみました。
正式なメニュー名が言えないので,注文は一言「あみやきの方で」。


Photo6668_convert_20140502234624.jpg

そば粉の入ったデザート。雪がふったみたい。
フランスの塩を使ったアイスが上にのっていました。
う~ん確かに,塩味。


Photo6670_convert_20140502234640.jpg

今日は,マダムの焼いたお菓子が出ていました。

これがあると必ず買います。
もちもちと歯応えがあって,中身はほんのり黄色。
しっかりしたカスタード味のお菓子で,大好きです。


「2つください」
「たくさんいいのよ」


夕食前に,2個とも一度に食べました。モッチモチ。



ぶぶにゃん

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。