topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナノチカとぶぶにゃんの神社旅。 - 2013.09.11 Wed

薄暗くなりかけた頃,見つけた神社に潜入する。


鳥居横には杖が置いてあり,
上へ上へと長く続く石段が目の前にあらわれた。



あの石段の一番上まで行ってみよう。


登りはじめてすぐ,大きさも高さもばらばらの石段に,
息はあがった。



「チョット休憩」


今登ってきた道を振り返ると,鳥居の下に人影が見えた。


ぽん,ぽんと手をたたいて,おじぎをしている。
目をこらしてみると,おばあさんのようだった。



「もしや・・・。
 毎日ここに通っていて,すごい勢いで登ってくるかもよ」


そう思うと,

抜かれてはなるまいと思って,急いでまた歩き出す。



下から見えていた頂上を登り切ると,

なんだ,

そこでワンクッションおいただけで,

まだ石段は上へと続いていた。


ヌー。


足はガクガクと棒のようになったが,あともう少しと信じて必死で登る。



髮ィ螳ョ逾樒、セ_convert_20130921232940



「石段の両側にちょうちんがあって,
 神社で小さな夏祭りがあったりしたら,風情あるね」


ナノチカのその声を聞きながら,

ぶぶにゃは,スタスタスターと登り切った石段へ戻った。



そして確認した。
「おばあさん,いないよー!!」


おばあさんにこの石段は過酷過ぎます。

ぶみゃっ。



ぶぶにゃん








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanochikatobubunyan.blog.fc2.com/tb.php/517-ddb22f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

えごころ。 «  | BLOG TOP |  » ナノチカとぶぶにゃんの鍾乳洞旅。

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。