topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎくんのいる森。 - 2014.02.06 Thu

Photo6139_convert_20140207182549.jpg

自分の背丈ほどもある巨大植物の下をくぐり,

Photo6143_convert_20140207182645.jpg

脚立を使ってゆっくり降りていく。


そこにはまた巨大植物の森が広がっている。

風もない。匂いもない。谷底を流れる水の音だけがゴウゴウと遠くに聞こえる。

木々の間から差し込む光に透かして,空気中の浮遊物が見える。

その光で,心も少しだけ温かくなったように錯覚する。




子どもの頃から,大人になるまでずっとうさぎを飼っていた。
最後に飼った3代目のやつは,茶色と白い柄のうさぎで,

今立っている場所から,ちょうど3時の方向にそのうさぎを埋めた。



そのうさぎが何も口にせず,下痢だけするようになって,ひどく衰弱していた頃,
夜のうちに小屋の中でうさぎがひとり死んでしまうのが,怖くてかわいそうで,

毎晩,両親が寝静まった夜中に,
小屋からうさぎを取り出して,自分の部屋の段ボール箱にいれていた。

朝早くおきて,うさぎの安否を確認して,何もなかったように小屋に戻すのだが,
うさぎがした下痢の臭いが部屋に充満して,その行為が必ず両親の知るところとなる。


「死ぬときは,うさぎも自分の家で死にたいんだよ!」
幾度となく父にしかられたが,容態が安定する頃までやめられなかった。


それから毎朝,起きるとすぐうさぎ小屋を確認し,ほっとして仕事に行くのが日常になった。


ところが,
とある休みの,

いつもより寝坊した日の朝,うさぎは死んでいた。
まだ少し温かくて,いつもと同じ時間に起きていたら,こんなことにはならなかった。

いや,いつもと同じ時間に起きていても,どうすることもできなかった。
うさぎを小屋から出して,ベランダに置いて,夕方になるまでずっと眺めていた。


黒い目は開いていた。
横たわった前足,後ろ足は2本ずつきちんと揃って,毛並みは驚くほどつやつやしていた。

とても,美しかった。
凛とした女性の佇まいのように本当に美しく,それを見て何度も泣いた。

「きれいだねー,きれいだねー」体をなでながら,独り言を繰り返した。
その体はもう冷たく,時間が経つにつれ,だんだんと固くなっていった。


夕方に,おおばこを探しに行った。
大きなおおばこを探しながら,泣いた。
このバケツいっぱい集めるまでうちには帰らないと思って,泣いた。



父が仕事から戻るのを待って,うさぎを埋めにいくことになった。


バケツいっぱいのおおばこと,
眩しいほど真っ白で,オレンジ色の服をきたミッフィーのぬいぐるみをもって,

「お父さん,一緒に行く」
父の後を追い掛けた。


あの頃は,ひとりで淋しくないようにと思って,ぬいぐるみを連れていったのだけど,
本当はずっとひとりで淋しかっただろうね。


数年後に母が言っていた。
「うさぎをここに埋めればよかった」と。


そう。あそこは,暗くて深い森の奥だったから。
手前から何番目かの木の根元に,うさぎを置いてきてしまった。
その場所は,父と私だけが知る。

Photo6141_convert_20140207182621.jpg

うっそうと木々が生い茂るここから,3時の方向を見て思う。


うさぎくんは,この森になった。



この先2度と動物を飼うことはないが,
もし何かを飼うなら,その時はうさぎと決めている。



ナノチカ




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanochikatobubunyan.blog.fc2.com/tb.php/666-1ab36e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日の冷蔵庫。 «  | BLOG TOP |  » ねずみのぱん。

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。