topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印象とやや違った旅(その1)。 - 2014.06.06 Fri

ぶぶにゃんは,「大きな池に浮かぶ森」を見にでかけました。

きっとすごく神聖な場所だと思って,足をきれいに洗っていったのに,


そこは人で溢れかえった,
住民たちの憩いの場でした。


浅い方の池の中に,じゃぶじゃぶ入っていくお父さん。
虫取り網で,取りあえず水の中をひっかきまわしている子ども。
釣りをしている若いカップル。一組。

Photo6813_convert_20140608004134.jpg

釣りをしているおじさん。たっくさん!


こんな場所に,こんな黄土色の毛皮をきた一匹のぶたねこは,
この辺りの住民でもなく,

なんだか来ては行けない場違いなところに来てしまったように思えて,
急に恥ずかしくなりました。


ぶぶにゃんは,遠くを見渡しました。
森は,確かにありました。

Photo6818_convert_20140608003821.jpg

Photo6812_convert_20140608003841.jpg


池には,子どもの頃に見たことのある,糸トンボが飛んでいました。
葉っぱの上にも止まっていました。

のぞき込むと,

うわっ!!汚い!!とにかく汚い。
糸トンボって,きれいなとこにしかいなかったんじゃないのかね?

Photo6817_convert_20140608003911.jpg

フムゥ。
これが糸トンボでないとしたら,一体何の生物なんだ?と思いました。
この画像じゃ,全然見えないでしょう?


その後,
釣りメンバーの中で比較的若めの,子どもがいる男性に声をかけました。
子どもがいるので優しいだろうと思ったのは大間違いです。

「すみません。
 あそこへはどうやっていけばいいんでしょうか?」
ぶぶにゃんは森を指さして言いました。

「あそこってなんや?」

「あそこってあの~。今,人と建物が見えているー」
ぶぶにゃんはびくつきました。

「あぁー」
男性は,あんなところにいってどうするんだ?
と言わんばかりの顔で,めんどくさそうに教えてくれました。


ちょっと怖かったので,説明をほとんど覚えていませんが,
まぁ,とにかくここを出れば行けるだろう。
ぶぶにゃんはいちもくさんにその場を去りました。



ぶぶにゃん
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanochikatobubunyan.blog.fc2.com/tb.php/792-e0656f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

印象とやや違った旅(その2)。 «  | BLOG TOP |  » パンケーキつくり。

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。