topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険心に火がついた前編。 - 2014.06.18 Wed

“このままお月さんまでいっちゃいましょうか”

アクア×86のCMに,冒険心をかき立てられ,ふらりと旅に出た。

それは,大雨が降った翌日。小雨の日。
走行距離200㎞,若草色と行く6時間のスリリングな旅。


吊り橋を見に行ってみようか。

その小さな発想が,事の発端であった。


吊り橋と同じくらい,のちのち問題となるその国道を,
果たして南下するのか北上するのか,計画を練る。

天気と勇気次第だな・・・。
ひとまず南下するルートは断念。
行きは全てが順調だった。


果たして帰りに,その国道を北上してみるのか,
それとも来た時と同じ道を戻るか。


見上げると山の方は霧に覆われていた。
う~ん・・・。

平面の地図でみる限り,行きと同じくらいの距離のようだ。
でも一度も通ったことがない。
天気も悪い。

悩みに悩んで,若草色に相談する。


そして,その道を通ってみることに決めた。



ブンブンブン~。
この,どこか近未来的に見えるトンネルが大好きで,
稀に連続でいくつも続くと,嬉しくなる。

Photo6889_convert_20140621224936.jpg

Photo6888_convert_20140621224958.jpg

目的地まで約50㎞。
離合しづらいほど道は細くなっていく。
でも舗装された場所だから,まだ安心できた。
とにかく,とにかく道を急がなくちゃ。
視界のどこを切り取っても,消えない霧にせかされる。

Photo6891_convert_20140621225102.jpg

Photo6890_convert_20140621225202.jpg


魔の赤い橋が,
おいでおいで~と若草色を呼んでいた。

Photo6886_convert_20140621225021.jpg

こんな場所は序の口。
この赤い橋に吸い込まれるように,恐ろしい旅は幕を開けた。




ナノチカ




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanochikatobubunyan.blog.fc2.com/tb.php/806-e4062e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冒険心に火がついた後編。 «  | BLOG TOP |  » あじさい3種。

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。