topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜びの連鎖。 - 2014.07.06 Sun

不思議なおばあさんに会った。


日傘を差して,紺色のワンピースを着ていた。
待ち合わせをしているが,相手がまだ来ない。
連絡を取りたいから,電話を貸して欲しいという。

電話を貸してあげた。

相手は電話に出なかった。

「ありがとう」
困ったようなおばあさんの顔を見ると,
汗だくだった。

麦茶を一杯あげた。


ちょっと目を離したら,
もうおばあさんはいなくなっていた。
からになったガラスのコップには,小さな氷だけが残っていた。


まるで今出会ったのは妖だったような,
現実の世界とかけ離れたような,
そんな佇まいのおばあさんだった。
いつの間にかそこから消えていた。


それからしばらくすると,
あのおばあさんが戻ってきた。
今度は,日傘の変わりに小さな包みを持って。

「ちょうど赤飯を炊いたから。
 
 優しくしてくれてありがとう。
 ほんっとうに,あのお茶がおいしかったの。
 あなたにこのことを,
 手紙にして伝えたかったのだけど,
 それはやめにしてね,

 これ,私が作ったメッセージカード。
 思いは今伝えたから,あなたが使って」


どうやって作ったんだろう?
そう思う繊細なメッセージカードだった。

赤飯はまだあたたかく,ほどよい塩味で,
遠くにいる母のことを思い出させた。


お互い名前は名乗らなかった。

でも,
必ずまた会えると思う。


だから,
名前は聞かなかった。


Photo6965_convert_20140724164806.jpg

私も,すごく嬉しかった。



ナノチカ




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanochikatobubunyan.blog.fc2.com/tb.php/825-6a5d90b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘いクッキーの思い出。 «  | BLOG TOP |  » パッションフルーツの季節。

プロフィール

ナノチカ

Author:ナノチカ
深い森の奥に,
小さなフェルトケーキのお店がありました。
そこでは,工場長のナノチカと
パティシエのぶぶにゃんが,
毎日楽しく働いています。

「いらっしゃいませ~。」
今日も森の奥では,ぶぶにゃんの
元気な声がひびきます。

最新記事

カテゴリ

★オーブンのなか 【制作中】 (103)
★やきあがり 【作品紹介】 (158)
★冷蔵庫のなか 【保存状況】 (27)
★宝箱のなか 【日常】 (498)
★自転車に乗って 【配達】 (41)
★森の広場で 【出張教室】 (28)
★森の掲示板 【お知らせ】 (14)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。